体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【長野】秋に家族旅行で行きたい!おすすめ観光スポット20選!人気の紅葉も

【長野】秋に家族旅行で行きたい!おすすめ観光スポット20選!人気の紅葉も 長野メイン

秋の長野は紅葉を楽しめる観光スポットが盛りだくさん!

雄大な山々がスケールの大きさで圧倒してくれます。

人気の国宝松本城や善光寺など歴史遺産はもちろんお子様連れも楽しめる動物園や牧場もおすすめ!

家族で秋の長野を満喫しちゃおう!

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

上高地

上高地出典:じゃらん 観光ガイド 上高地

\口コミ ピックアップ/

何気無く乗鞍岳に行って、宿泊出来たので、帰りがけに何気無く行って見ました。途中のバスからの眺めも最高です。かっぱ橋近くの川原に降りたら、鴨がいました。又ゆっくりと、楽しみたいです。

(行った時期:2016年10月) 上高地

住所/長野県南安曇郡安曇村上高地

「上高地」の詳細はこちら

車山高原

車山高原出典:じゃらん 観光ガイド 車山高原

1年の平均気温が6.6度と夏でも涼しい天空の楽園。信州、八ヶ岳中信高原国定公園の内、ビーナスラインの中信に位置する。6月はレンゲツツジ、7月はニッコウキスゲ、8月はマツムシソウ等の高山植物が咲きハイキングも気持ち良く、山ガールにもおすすめ。秋は紅葉、冬は車山高原スキー場あり。ビジターセンターで最新情報や気象情報チェック!食事やお土産購入でポインがたまる車山高原のポイントカードはここで作ろう。

●展望リフト 1925m、日本百名山の一つ車山の山頂から浅間山・八ヶ岳・アルプス連峰・富士山等が一望でき心が解放される。営業は4月下旬~11月初旬

●食事処 リフト中腹のケーキや噌天丼がお勧め

●自然体感エコツアー4月下旬~6月下旬/9月上旬~10月下旬

●その他、7月~8月には親子体験教室、星空観察ツアーなどを開催。各有料、事前予約のものあり。イベントは毎年変更。詳細はHP参照、電話で問合せ。

\口コミ ピックアップ/

友人と共に行ってきました。こちらの高原でロープウェイに乗ってきました。ちょうど紅葉が色づき始めた頃だったので景色が最高でした。なかなかよい観光となりました。

(行った時期:2016年10月) 車山高原

住所/長野県茅野市北山3413

「車山高原」の詳細はこちら

国宝松本城

国宝松本城出典:じゃらん 観光ガイド 国宝松本城

松本城は戦国時代の永正年間に造られた深志城が始まりで、現存する五重天守の中では日本最古の国宝の城です。黒と白のコントラストがアルプスの山々に映えて見事な景観です。大天守と、泰平の世になって造られた辰巳附檜・月見檜のまとまりは「複合式天守」と呼び、それぞれの時代を象徴しています。この連結複合式天守は松本城だけに見られる特徴的な構造です。

\口コミ ピックアップ/

秋の行楽シーズンに行きました。予想以上の混雑ぶりで、天守閣へ上がるのに1時間近く行列に並びました。天守閣は見ごたえもあり、展示品なども興味深かったです。混雑する連休などは時間に余裕を持って行くのがおススメです。

(行った時期:2016年10月) 国宝松本城

住所/長野県松本市丸の内4番1号

「国宝松本城」の詳細はこちら

善光寺

善光寺出典:じゃらん 観光ガイド 善光寺

本堂は仏堂の前面に長大な礼堂を配した撞木造と呼ばれる独特の構造を持ち、東日本最大の規模を誇る江戸中期仏教建築の傑作である。

\口コミ ピックアップ/

子どもと一緒に行きました。

本堂のお戒壇めぐりなど珍しいものもあり、子どももいい体験をしていました。

本堂を離れるとお土産のお店がたくさんあり、買うことができます。

お昼はその近くで食べてもいいですが、宿坊で精進料理を食べました。たくさん品目があり十分満足でした。宿坊には事前に予約をしました。

(行った時期:2016年10月) 善光寺

住所/長野県長野市元善町491

「善光寺」の詳細はこちら

長門牧場

長門牧場出典:じゃらん 観光ガイド 長門牧場

長門牧場は標高1400メートルの信州白樺高原に211ヘクタール(東京ドーム45個分)の牧草地を有し、自家産の牧場を使って乳牛200頭を飼育しています。そこから搾られる良質で新鮮な生乳を使用して牧場内で加工を行い、牧場を訪れるお客様に 直接販売しています。

長門牧場は酪農が基盤です。長門牧場は標高1400メートルの信州北白樺高原に211ヘクタール(東京ドーム45個分)の牧草地を有し、自家産の牧草を使って乳牛200頭を飼育しています。そこから搾られる良質で新鮮な生乳を使って、牧場内のプラントで乳製品を製造し、牧場を訪れるお客様に直接販売しています。長門牧場は、酪農を基盤に生産・製造・販売を一貫して行う新しい農業形態を目指しています。

1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。