ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【絶対喜ばれる!愛媛県の人気お土産19選】地元民ランキング&編集部おすすめを集めました

【絶対喜ばれる!愛媛県の人気お土産19選】地元民ランキング&編集部おすすめを集めました 20160921_miyage_ehime_15

お土産選びは旅の大きな楽しみのひとつ。自分が気に入ったものを買えばいいけど、やっぱりハズしたくない…、そんな旅人のために『じゃらん編集部』がオススメする「ご当地の美味しいお土産」を地元民に大調査。

今回紹介するのは、日本三古湯の一つに数えられる道後温泉、松山城や大洲城、宇和島城などの城巡り等、歴史と文化の香りを随所に感じる愛媛県。特産の海の幸を活かしたもの、松山藩主が持ち帰った南蛮文化に由来するお菓子など、バラエティに富んだランキングに。その他にも、定番から人気商品まで揃えたイチオシお土産情報もお届け!さっそくチェックして、お土産選びの参考にしてみてね!

記事配信:じゃらんニュース

■目次

地元民の声を集めた「お土産ランキング」はこちら

定番から人気商品まで揃えたイチオシお土産情報はこちら

~地元民の声を集めた「お土産ランキング」~

【1位】ポンジュース

ポンジュース ポンジュース

爽やかな香りのオレンジ果汁と、酸味と甘味のバランスがよい温州みかん果汁を最適な割合でブレンドした、味わい豊かなジュース。「愛媛の自慢のジュースで、果汁100%と、大変健康的」「みかん王国を代表する飲物」など、愛媛県民の熱い支持で堂々の1位に。さわやかな柑橘の香りと濃厚さで、「他の100%ジュースとは違った美味しさ」が、小さな子どもから大人まで幅広く愛されている。 価格:162円(500mlペットボトル) ほか

販売元:(株)えひめ飲料

【2位】母恵夢(ぽえむ)

母恵夢(ぽえむ)

甘い香りが漂うビスケット生地にほくっと柔らかな黄味餡を合わせたスイーツ。お母さんの優しさを思わせる味わいから「母の恵みの夢の味」と名付けられた。さくっと軽めの生地には北海道産バターが使われ、中に詰まった餡は白いんげんを丁寧に炊き、新鮮な卵黄を混ぜたもの。和菓子の上品な味わいと洋菓子素材の芳醇な風味が見事に調和している。 価格:756円(6個)

販売元:母恵夢

【3位】四国銘菓 一六タルト

四国銘菓 一六タルト

ほんのり柚子風味の餡を、きめ細かなスポンジで巻いた生菓子。タルトは、久松家初代松山藩主・松平定行公が、江戸時代前期に訪れた長崎で南蛮菓子タルトを食し、その味を賞でて、その製法を持ち帰り、松山に広まったと言われている。「愛媛県民はタルトと言えばこれ」とのコメントにもあるように、スポンジと餡の組み合わせは愛媛では定番で、ご当地らしさが支持を得た。 価格:680円(1本)

販売元:一六本舗

【4位】手造りじゃこ天

手造りじゃこ天

鮮度のよい宇和海で漁獲される「ほたるじゃこ」(別名はらんぼ)を主原料に、「おきひいらぎ」「アジ」等近海小魚100%を丁寧に解体し、昔ながらに石臼で練り上げ、菜種油で揚げて作る揚げかまぼこ。「ビール、日本酒どちらでも肴になる」「ビールとの相性が最高」と、おつまみに推すコメントが目立った。小魚をそのまま使用しているのでカルシウムたっぷり、魚のすり身のおいしさを実感できる。 価格:864円(5枚)

販売元:安岡蒲鉾店

【5位】坊っちゃん団子

坊っちゃん団子

抹茶、黄、小豆、3色の餡の中にお餅の入ったお団子。「坊っちゃん」の作者夏目漱石が、旧制松山中学に教論として赴任していた頃、道後温泉に行くと必ず食べていたといわれる団子に因んで作られた名物。「坊っちゃんのパッケージが松山らしい」「1本ずつ小分けになっていて食べやすい」と、ご当地感とお土産としての配りやすさを推すクチコミが目立った。 価格:1,188円(10本)

販売元:うつぼ屋

【6位】霧の森大福

霧の森大福

お茶処・四国中央市新宮町産の無農薬抹茶を贅沢に使った大福。抹茶入りの餅でこし餡と生クリームを包み、さらに抹茶をたっぷりまぶしている。抹茶の苦み、こし餡とクリームの甘みのハーモニーが素晴らしく、製菓用でない本物の抹茶の香りを心ゆくまで楽しめる。お取り寄せはネットで100倍の抽選となるほどの人気。 価格:1,080円(8個)

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy