ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブルネイのオススメ観光スポット16選

皆さんは、ブルネイという国をご存知でしょうか?ブルネイは、東南アジアのボルネオ島北部に位置するイスラム教国で、石油や天然ガスなど多くの資源で潤う「黄金の国」としても知られています。

その一方で、ブルネイ王国には未開のジャングルがあり、世界でも屈指の自然が残るエリアという二つの側面を持ちます。今回はそんなブルネイに行った際に、訪れたい観光スポットをまとめてみました。皆さんの旅の参考になれば幸いです。

*編集部追記
2016年9月の記事に新たに6選追記しました。
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方は[email protected]までご連絡ください。

 

1.スルタン・オマール・アリ・サイフディン・モスク

スルタン・オマール・アリ・サイフディン・モスク

photo by pixta

ブルネイを象徴する定番観光スポットと言えば、ここ「スルタン・オマール・アリ・サイフディン・モスク」です。

先代の国王によって建てられたので、礼拝時間以外には内部を見学することもできます。

夜に訪れると、モスクがライトアップされてとてもきれいだそうですよ。
■詳細情報
・名称:スルタン・オマール・アリ・サイフディン・モスク
・住所:Jalan McArthur, Bandar Seri Begawan, Brunei
・マップ:
・電話番号:+231 88 090 9413

 

2.ジャミ・アス・ハサナル・ボルキア・モスク

ジャミ・アス・ハサナル・ボルキア・モスク

photo by pixta

これって本当にモスク?と思えるほどの豪華さ!明るく開放的な雰囲気のモスクは、とても大きく、外装も内装も豪華。このモスクを見ていると、ブルネイは資源が豊富で裕福な国だということがひしひしと感じらます。
■詳細情報
・名称:ジャミ・アス・ハサナル・ボルキア・モスク
・住所:Bandar Seri Begawan, Brunei
・マップ:

 

3.ロイヤル・レガリア(王室史料館)

Saripa Alangadiさん(@iphayko)が投稿した写真 – 2015 11月 5 8:16午前 PST

この「ロイヤル・レガリア」には、歴代国王の写真、記念事で着た服、外国から贈られた品などが沢山飾られています。

ブルネイの豊かさと歴史を垣間見れる場所なので、ぜひ足を運びたいですね。またブルネイには少ないお土産屋さんもあるそうなので、要チェック!
■詳細情報
・名称:ロイヤル・レガリア(王室史料館)
・住所:Jalan Sultan Omar Ali Saifuddien, Bandar Seri Begawan, Brunei
・マップ:
・電話番号:+673 224 4545
・営業時間:日〜木 9時00分~17時00分 金 9時00分~11時30分, 14時30分~17時00分 土 9時45分~17時00分

 

4.イスタナ・ヌルル・イマン(王宮)

una (うなぎ猫)さん(@unacat222)がシェアした投稿 – 2016 7月 7 10:10午後 PDT

ブルネイの国王の宮殿かつ公式な居所であり、ブルネイ政府所在地でもある「イスタナ・ヌルル・イマン」。中には入れないので、ブルネイ川からボートに乗って外観を眺めるのがオススメです。

またラマダン明けの3日間は、王宮に入り豪華な食事を楽しむことができるそうですが、行列ができるので長時間並ぶ必要があるでしょう。
■詳細情報
・名称:イスタナ・ヌルル・イマン
・住所:Bandar Seri Begawan, Brunei
・マップ:
・電話番号:+673 862 3734
・公式サイトURL:http://www.istananuruliman.org

 

5.ブルネイ博物館

Beau Natnichaさん(@beau_roll)がシェアした投稿 – 2017 7月 22 2:18午前 PDT

ブルネイの中心部から少し離れた場所にある博物館で、コタバル考古学公園の中にあります。

ブルネイ王家の歴史や住民の暮らしの変化、また現在のブルネイ経済を支える石油と天然ガスの説明など、ブルネイに関連する事柄が詳しく展示されています。
■詳細情報
・名称:ブルネイ博物館
・住所:Jalan Kota Batu, Bandar Seri Begawan, Brunei
・マップ:
・営業時間:土〜木 9時00分~17時00分 金 2時30分~23時30分

 

6.マレー技術博物館

Hardiさん(@hardi_ch)がシェアした投稿 – 2017 5月 8 6:16午後 PDT

技術博物館という名前ですが、実際はブルネイの歴史博物館で、伝統的な現地の文化が学べます。

ブルネイの昔の人々がどのように生活していたかを学べる貴重な場所です。近隣にはブルネイ博物館があるので、併せて観光するのが良いでしょう。
■詳細情報
・名称:マレー技術博物館
・住所:Simpang 482, Kampung Kota Batu, Bandar Seri Begawan
・マップ:

 

7.ジュルドンパーク

DNSKさん(@dnskdnsk)がシェアした投稿 – 2016 9月 20 12:25午前 PDT

東南アジアで一番大きな遊園地で、気温が高いため、平日は基本的に夕方から、休日は午前中から開園します。1時間ごとに豪華な噴水のショーがあり、イルミネーションもきらびやか。

かつてはマイケル・ジャクソンのライブが開かれたこともあったそうで、週末は地元民や観光客で大賑わいします。
■詳細情報
・名称:ジュルドンパーク
・住所:Kampong Jerudong, Brunei Darussalam
・マップ:
・営業時間:曜日によって違うので、公式URL参照
・定休日:月〜水
・電話番号:+673 261 1777
・公式サイトURL:http://www.jerudongparkplayground.com

 

8.カンポン・アイール(水上集落)

@iva_runstheworldが投稿した写真 – 2016 8月 25 6:22午前 PDT

「カンポン・アイール」は、ブルネイの首都・バンダルスリブガワンのブルネイ川の水上に建ち並ぶ集落のことで、水の上にありながら水道も電気も通っている不思議な場所です。

ブルネイでは以前から水上に集落が作られており、今も多くの人が昔ながらの生活を営んでいます。ブルネイらしい生活感を感じられるスポットとして、多くの観光客が訪れています。
■詳細情報
・名称:カンポン アイール ( Kampung Ayer)
・住所: Kampung Pengiran Siraja
・マップ:
・公式サイトURL:http://www.bruneiresources.com/tourism.html

関連記事リンク(外部サイト)

東南アジア旅行で食べるべきエスニック料理24選
【 圧巻!! 】東南アジアのクリスマスイルミネーションが素敵すぎる
世界の祭り〜東南アジア編〜
世界三大仏教遺跡のアンコールワット、パガン、ボロブドゥールが絶景すぎる件

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy