ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビートたけしが書いた“道徳”の本が考えさせられる…

ビートたけしが書いた“道徳”の本が考えさせられる…
J-WAVE土曜24時からの番組「BOOK BAR」(ナビゲーター:大倉眞一郎・杏)。毎週ナビゲーターの二人が「今読むべき本」としてオススメの本を持ち寄っていますが、9月24日のオンエアでは、杏がこんな本を持参していました。

その本は「良心は道徳をつくるが、その逆はないぞ」という芥川龍之介の言葉を引用するページから始まります(ちなみにその元の言葉は「良心は道徳をつくるかもしれぬ。しかし道徳はいまだかつて良心の『良』の字もつくったこともない」ですが)。杏のオススメはそんな“道徳”を見つめる本、『新しい道徳「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか』(北野武・著)です。

杏や大倉は“ビートたけし”こと北野武さんに対して、「道徳に寄り添っているキャラクターではなく、イメージとしては『道徳なんてよぉ』という立場」「ビートたけしで出てきたときは、まるで道徳をひっくり返すようなことを言っていた」というイメージを持っていますが、実際に北野さんのそういう観点からの“道徳”が書かれているそうで、杏は「北野さんが道徳を一冊どう語るんだろうか」ということがとても興味深く、手にとったのだとか。

杏によれば本の内容は、「道徳にはツッコミがたくさんできる」「数学はつっこめないしツッコミがないのが美しい」「なんなんだろう道徳って」という文章からスタートするそうで、小学校の道徳の授業でよく議題に上がるという「自分を見つめて」というテーマに対しても「他人さえ見つめられないし、見つめる必要なんてないんじゃないの?」「見つめる必要があるのなんて犯罪者くらいだろ」と、北野さんらしい言葉が綴られているようで、これには大倉も思わず吹き出していました。

その他にも「『ウサギとカメ』の話は響くのか? そもそも今の社会ではウサギはカメと闘ってくれないぞ?」など、杏によると「今なんとなく存在している“道徳”というものについて、ご自身の体験やツッコミを加えながら『そこから、あなたはどう考えますか?』と、語りかけられる」ような一冊になっているそうです。

大倉も、学校の道徳の授業について思うことがあったようで、「『これが正しいです』という授業は、基本的に道徳にはないはずだと思うんです」と提言。これについて杏は、北野さんの言葉を借りながら、こう話します。

「どうしても学校という期間の中で“正解”“不正解”をテストで提示しなきゃいけない。じゃあ『あなたはどんなことをすると気持ちがいいですか?』『最近うれしかったことは?』という質問に、先生や親が喜ぶ答えを言う子どもを形成するだけだと。確かにな、と。『これ言ったら怒られるだろうな』というのは…ちょっといろいろ考えさせられますね…」(杏)

本書の冒頭にも、「人の話を鵜呑みにする人は今すぐ本を閉じろ」「何かを得ようとしてこの本を開くな」というようなことが書かれており、本から何かを得ようとするのではなく、自分で考えることを促しています。この機会に手にとって考える時間をつくりたくなる1冊でした。

【関連サイト】
「BOOK BAR」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/bookbar/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。