ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

平和で賑やかな雰囲気で満ち溢れるセルビアの旅行記まとめ

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。

今回はバルカン半島に位置するセルビアをご紹介します。「セルビア」と聞くと「戦争・危険」というイメージを持たれる方もいるのでは? そんなことはありません! セルビアは平和で賑やかな雰囲気を持つ魅力的な国なのです。それではさっそくセルビアの旅行記を見ていきましょう。

①華やかな街並みと賑やかなフェス

DSC04552
KANAさんは首都ベオグラードとフェスに参加するためにノビサドを訪れました。ベオグラードでは落書きも含めて、華やかな雰囲気を感じられるのでは? また、ホステルでのシェアご飯も楽しそうですね。一方、ノビサドでのフェズはなかなか本格的な様子。ぜひ、セルビアに行ったらフェスをチェックしてみましょう。

KANA「【セルビア女子一人旅 旅行記】ベオグラード&ノビサドの音楽フェスへ

②一昔前のベオグラード

567592167_6d5312afe1_o
Shohei Watanabeさんは2006年にベオグラードを訪れました。ユーゴ紛争からそれほど月日は経っていませんが、想像以上に明るい都市ですね。子供たちの笑顔も印象的です。きっと、セルビアを訪れると、このような屈託のない笑顔に出会えることでしょう。

Shohei Watanabe「セルビア共和国 ユゴスラビア完全解体。ベオグラード。

③典型的なベオグラードモデルコース

PA221399
最後の二つは私の旅行記から。よく「ベオグラードにはどのような見所がありますか?」と、よく聞かれます。その声に応えたのがこの旅行記。ベオグラードの主な観光スポットをコンパクトにまとめてみました。理系の方ですと、発明家ニコラ・テスラのミュージアムがオススメ! 様々な実験が行われ、なかなか興味深いですよ。

Nitta Hiroshi「セルビアの首都、ベオグラードめぐり+チトーの墓参り

④多民族の街、ノヴィ・サドには4カ国語で書かれた市庁舎が!

PA241444
ベオグラードを訪れたら、ぜひ第二都市、ノヴィ・サドにも行ってみましょう。ノヴィ・サドへはベオグラードから列車で90分のところにあります。ノヴィ・サドはセルビア人以外にも様々な民族が住んでいることで有名。その象徴が4カ国語で書かれた市庁舎の碑文です。ぜひ、チェックしてみましょう。

Nitta Hiroshi「多民族の街、ノヴィ・サドでの教会めぐり

セルビアへ行く前に、実名制の旅行記Compathyで「行ってみたい!」ところをチェック! (「行ってみたい!」の使い方はこちら

Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。