ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LINEにしかできない、新しいテレビ。「LINE LIVE」とは?

「若者の」という枕ことばさえもいらなくなってきたのではないだろうか。今やコミュニケーション&コンテンツのプラットフォームとして盤石の支持を得ている、ご存じ「LINE」。

“動画元年”と呼ばれるほど多くの動画配信サービスがスタートした昨年から「LINE LIVE」を展開しており、たった1カ月で1,100万UUを突破。スマホで動画コンテンツを楽しむ、一大サービスとなりつつある。そんな「LINE LIVE」の魅力に迫るべく、さっそく専用アプリをダウンロードしてみた。

開始当初から多数の独自コンテンツを展開

LINEを利用していれば追加の手続きなどは不要で、簡単に番組を見ることができる。特徴は、堂珍嘉邦(CHEMISTRY)やflumpoolなどの人気アーティスト、りゅうちぇるやペコなど地上波でもお馴染みの人気モデル&タレント、アイドル級のルックスで話題を広げている女流棋士・竹俣紅など、多くの有名人が公式アカウントを持っており、生放送を行っていること。

「Ustream」や「ニコニコ生放送」でも見られる一般個人の配信も予定されているが、現状は”LIVE is Real”というコンセプトのもと、有名人がテレビでは見られない素顔で視聴者と交流するプレミアムなコンテンツが多いことがわかる。MCとゲストがランチを食べながら語り合う人気番組「さしめし」では、志村けんやタカアンドトシが出演したことでも話題になった。

使い慣れているLINEだからこそのメリット

機能の面を見てみると、コメントを投稿して配信者とコミュニケーションが取れるほか、お気に入りのタレントやアーティストのアカウント(チャンネル)をフォローしておくことで、「LINE」上で番組開始の通知が受けられるのが便利。

アーカイブ機能もあり、見逃した番組をあとから視聴することも可能だが、醍醐味は生放送番組を通じて、気になる有名人とリアルタイムの瞬間を共有できることだろう。LINEでつながっている友だちにも視聴中の番組を通知して、別の場所にいても同じ番組を「一緒に」楽しむことができる。かつての”お茶の間”をネット上で再現できるのは、ネットネイティブではない世代にはかえって新しい感覚だろう。

今後は芸能人以外の人気コンテンツホルダーも出現?

運営元が「LINE」という巨大サービスだけに、「LINE LIVE」も進化を続けるだろう。前出のとおり、今年中には個人の配信も可能になる予定で、いわゆる「ユーチューバー」的な成功を収める配信者も出てきそう。また、EC機能も追加される予定で、たとえば、応援するアーティストが紹介した商品を、その場で購入できるようになるかもしれない。

スマホとともにインフラ化しつつある「LINE」が展開する「LINE LIVE」は、ライブ番組を通じた、新たな情報共有プラットフォームになっていく可能性を秘めている。まずは、ネット上で番組表をチェックして、今から使い慣れておくべきかも。

関連リンク

LINE LIVE

TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。