ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

亀田誠治×Rei「音楽は一緒に奏でてみないと…」

亀田誠治×Rei「音楽は一緒に奏でてみないと…」
J-WAVE朝月曜−木曜11時30分からの番組「BEAT PLANET」のワンコーナー「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」(ナビゲーター:亀田誠治)。普段は様々な音楽について亀田が語るこのコーナーですが、9月20日(火)のオンエアでは、シンガーソングライターのReiさんをお迎えしました!

デビューしてまだ一年のReiさんに、「ここまで順調な活動をされていて、この一年間ってReiさん的にはどんなスピード感で進んでいるんでしょうか。あっという間って感じ?」と亀田が素朴な疑問をぶつけると…

「あっという間ではあるんですけど、ちゃんとひとつずつ、例えばアルバムの作品作りとか丁寧にやれている自覚はあるので、コントロールが効かないまま過ぎているスピード感ではないんですよね」と回答するReiさん。これには亀田も「しっかりしすぎ! どうしたらこんなにしっかりした音楽少女が生まれてくるんでしょうね」と感嘆していました。

そんなReiさんの、丁寧に作られた3rdミニアルバム「ORB」が9月21日(水)に発売されます。

1枚目、2枚目の「BLU」「UNO」と共に、「自分の存在を示すような3枚を作りたい」と考えられた3部作だそう。1枚目のアルバムは亀田とも親交のある長岡亮介さんと一緒に作ったそうですが、「その時に色々教えていただいたり、刺激をいただいて。アレンジの部分だったりとか自分に無い発想をいただきまして、そういうことから自分のルーツを示すようなアルバムでありながら、これからの方向性を示すような1枚目になりました」。

その1枚目を受け、2枚目ではドラム以外の楽器全てを演奏して作ったというReiさん。そして今回の3枚目のアルバム「ORB」は、これまでの作品やライブを通じて出会った人たちとのつながり、縁を集結させ、いろいろなミュージシャンに参加してもらい作ったそうです。

参加してほしいミュージシャンは、相談しながらもReiさん自身で決めたそう。Reiさんは「音楽は人間同士のぶつかり合い」という持論があるそうで、「やりたい、っていう気持ちで人を伝ってお願いするよりも、自分でつながりを手繰り寄せて一緒に音楽をやったほうがシンクロするような実感があったので」ということから自らオファーしたそうです。

亀田:具体的にはお手紙とか書くの? 連絡するとか、ライブを見に行ってご挨拶するとか?

Rei:一緒に奏でてみないとわからないので、まずは「スタジオに入りませんか? セッションしませんか?」と聞いてみますね。

亀田:そうだよね、自分の憧れのプレイヤーと「よしやろう!」って自分の作品でやってもらったら、「あれ? こんな感じだったっけ?」ということは確かにありますよね(笑)

そして逆に、亀田がベーシストとして呼ばれた時もそのようなことがあったそうで、「『亀ちゃんらしいいつものプレーして!』と言われて一生懸命弾くと、みんなが喜んでない感じ(笑)」と、気まずかったエピソードを明かしてくれました。

「こればっかりはやってみないとわからないし、でもそこが音楽の一番おもしろいところですよね」と亀田がしみじみと言うと「そうですね」とReiさんも同意の様子でした。

【関連サイト】
「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/blog/fmkameda/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき