体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「北沢小西」というビールマニアの楽園がある【クラフトビール】

f:id:Meshi2_IB:20160728161457j:plain

今や時代はクラフトビール! 空前のムーブメントが巻き起こってから、かれこれ数年の時が流れ。今やこの冷めやらぬ熱気が通常運転と言えるほど。2016年もクラフトビール人気は続いています。

……なーんて書いていますが、実は私クラフトビールにぜんっぜん詳しくありません。むしろ「普通のビールとどう違うの? てゆーか、なにそれおいしいの?」レベル。しかし、巷で話題というならば、いっちょかみしておきたいというのも本音。

「クラフトビールの魅力を、今さらながら知っておきたい!」

そんな私がクラフトビールに親しめるお店はないのかしら、と探してみたところ。

f:id:Meshi2_IB:20160728161447j:plain

あったのですよ、これが! それが、下北沢にある酒店「北沢小西」。

一見ごくごく普通の酒店なのですが、実はここ、

知る人ぞ知るクラフトビールの聖地!

f:id:Meshi2_IB:20160728161448j:plain

国内外のクラフトビールを随時160種類扱う、その筋ではちょっと名の知れた酒店なんです。

そもそも「クラフトビール(Craft Beer)」とは、小規模な醸造所でつくられているビールのこと。ビール職人がつくり出す高品質なビールを「手工芸品(Craft)」に例えて、クラフトビールと呼ばれているのです。作り手によって味や香りが違ってくるため、オリジナリティの高いビールが出来上がるのだそう。なるほど、熱狂的ファンが多いわけですね。

f:id:Meshi2_IB:20160728161449j:plain

店内の冷蔵庫には、見たことないようなパッケージのクラフトビールが所狭しとズラーリ並んでいます。このお店の素晴らしいところは、なんといっても「有料試飲」ができるところ。購入したクラフトビールをその場で飲めちゃう! 試飲してみて気に入ったら自宅に買って帰ればいいのです。

f:id:Meshi2_IB:20160728161450j:plain

しかし、あまりの種類の多さにめまいが……。クラフトビール素人の私が、ここから瞬時に自分に合ったビールを探すのは至難の技かもしれぬ……。ならば、ここはプロにお任せして……と、レジ前にいらっしゃる店長さんに助けを求めようとした、その時のことでした。

f:id:Meshi2_IB:20160728161453j:plain

「クラフトビール選びに迷ってるの? じゃあ、俺らのオススメ飲んでみない?」

なんと、店内で有料試飲中だった「北沢小西」の常連客の皆さんが声を掛けてくださいました。渡りに船とはまさにこのこと! ありがたくその申し出、受けさせていただきます。この日お会いした皆さんは、生粋のクラフトビール好き。かなりマニアックなクラフトビールに関する情報交換などをされていました。

ちなみに、皆さんはいつも一緒にいるグループではなく、この場でたまたま遭遇したメンバーだそう。それにしてはだいぶ盛り上がっていましたけどね……。

f:id:Meshi2_IB:20160728161451j:plain

「まずは俺からいっちゃうよ!」と最初のクラフトビールを選んでくれたのは、クラフトビール歴3年の山田さん。「北沢小西」にはクラフトビールにハマった直後から通い詰めているのだとか。

f:id:Meshi2_IB:20160728161452j:plain

山田さんが「これは面白い味だよ!」とすすめてくれたのは、シエラネバダ社の「オトラベス」(550円)。こちら、World Beer Cup2016セッションビール部門の金賞を獲得したクラフトビール。乳酸菌やグレープフルーツ、サボテンの果肉で作られていて、酸味の強い味わいとのこと。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。