ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

混雑回避!日光・湯西川エリアで見たい!穴場の紅葉スポット【栃木】

霧降高原 六方沢

自然豊かな栃木県には関東有数の紅葉名所が点在しています。

混雑必至の有名どころもいいけれど、知る人ぞ知る絶景の紅葉スポットなら、混雑のストレスも軽減!

今回は中でも、日光・湯西川エリアの、穴場の絶景紅葉スポットを集めました。

日光いろは坂もいいけど、日光市内には龍王峡や霧降高原、湯西川といった紅葉名所も沢山あります。

鬼怒川温泉や川治温泉、湯西川温泉と名湯揃いだから、宿泊して楽しむのもおすすめです!

日塩もみじライン【日光】

カーブを曲がるたびに見事な紅葉絵巻が展開。

日塩もみじライン赤や黄色の木々を車窓から眺めつつドライブ

紅葉見頃:10月中旬~11月上旬

普通車通行料 610円

龍王峡と塩原温泉を結ぶ全長約28kmの山岳道路。沿道の広葉樹が色づき、標高差があるため長期間紅葉が楽しめる。途中には太閤おろしの滝や白滝などの自然スポット、富士山が見える富士見台の展望台といった見どころも。 日塩(にちえん)もみじライン

TEL/0287-32-4000(塩原温泉観光協会)

住所/栃木県日光市藤原~那須塩原市湯本塩原

アクセス/日光宇都宮道路今市ICより30分

駐車場/沿線に点在

「日塩もみじライン」の詳細はこちら

霧降高原 六方沢【日光】

錦秋の山の斜面に映える白いアーチ橋を渡ろう。

霧降高原 六方沢長さ約320mで、両端に駐車場がある

紅葉見頃:10月中旬

日光駅北側から大笹牧場へと至る霧降高原道路のほぼ中央、標高1434mの場所に位置。周囲の赤や黄、緑の山々の中に浮かぶように、白い橋脚が映える。橋上からは栗山ダムや今市地区、筑波山までが一望。 霧降高原 六方沢(きりふりこうげん ろっぽうざわ)

TEL/0288-21-5611(日光市観光協会今市支部)

住所/栃木県日光市瀬尾

アクセス/日光宇都宮道路日光ICより20分

駐車場/20台

「霧降高原 六方沢」の詳細はこちら

平家の里【湯西川】

昔話の世界さながら!秋色の茅葺屋根の集落へ

平家の里入口の冠木門を抜けると、展示館や民芸品加工所など8棟がある

紅葉見頃:10月中旬~11月初旬

入館料/高校生以上510円、小・中学生250円

平家落人伝説が残る湯西川にある民俗村で、平家の人々の生活様式を再現。モミジやクヌギ、針葉樹に包まれた茅葺屋根の家屋をめぐって歩こう。駐車場から天楽堂つり橋までの紅葉もきれい。 平家の里

TEL/0288-98-0126

住所/栃木県日光市湯西川温泉1042

営業時間/12月までは8時30分~17時

定休日/なし

アクセス/日光宇都宮道路今市ICより1時間

駐車場/30台

「平家の里」の詳細はこちら

※この記事は2016年9月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

絶景のロケーションもご馳走!道の駅で外ごはんしよ♪【関西・四国】
今年取材先で出会った絶景は?2014年ホントに美しかった風景【関東・東北】

じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。