ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旬の味覚満載♪梨、ぶどう…フルーツ狩りが楽しめる農園【熊本・大分編】

旬の味覚満載♪梨、ぶどう…フルーツ狩りが楽しめる農園【熊本・大分編】 吉次園

「食欲の秋」到来♪

これからの季節のレジャーといえば…やっぱり、「旬の味覚狩り」が人気ですよね。

その中でも、ぶどう・梨・りんご…秋は様々なフルーツが続々と旬を迎えます。

今回は、熊本・大分でフルーツ狩りが出来る農園をご紹介します!

収穫体験を楽しみながら、もぎたて果実をその場でパクリ。旬の時期に味わう新鮮なフルーツは味もカクベツです♪

ファミリーやカップル…同行者を問わず楽しめる味覚狩りで、この時期ならではのレジャー&グルメを満喫しましょう◎

熊本県のフルーツ狩り

本田観光梨園【熊本県荒尾市】

過去最大2㎏!子どもの顔サイズの巨大新高をゲット!

本田観光梨園多彩な新高商品も開発する4代目の本田清輝さん 本田観光梨園過去最大。針が2㎏を指す!

甘くておっきいよ!

本田観光梨園 未来の5代目が持つ大きな梨!本田観光梨園園内でとれた梨の果肉がごろごろ入った梨ジェラート250円 本田観光梨園右から梨スムージー400円、桃スムージー500円、新高梨100%ジュース1500円

熊本県北の町・荒尾市の特産と言えば「荒尾ジャンボ梨」。その正体は実の大きさが特徴の品種・新高(にいたか)。約100年の歴史を誇る本田観光梨園の新高は、1㎏クラスは当たり前、過去には2㎏サイズも!園内で味わえる様々な梨スイーツや予約制の「梨カレー」(サラダ、ドリンク付き1000円)も評判。

巨匠のこだわり

7月上旬の新高です。実の選別など手入れしながら、9月下旬にはこのサイズにまで育てます。

フルーツ狩りDATA

■狩れるフルーツ/梨

■品種/豊水、新高

■収穫時期/開催中~10月中旬

■持ち帰り料金/1㎏900円 本田観光梨園

TEL/0968-68-0230

住所/熊本県荒尾市川登1208-8

営業時間/9時~17時

定休日/不定

アクセス/九州道南関ICより20分

駐車場/20台

「本田観光梨園」の詳細はこちら

※入園・入場無料

※予約不要(※10名以上は要予約)

※試食有り

※飲食店有り

※お土産販売有り

吉次園【熊本県熊本市】

いろんな果物が食べ放題!秋の味覚の豪華ラインナップ。

吉次園種なしや皮ごと食べられる品種など、種類豊富 吉次園2015年9月にソフトクリーム直売店がオープン

年間通じて6種類のフルーツ狩りを開催している観光農園。8月下旬からはぶどうにはじまり、りんご、梨、さらにみかんや柿と、続々収穫でき、柿以外は食べ放題OK!収穫体験の後は、敷地内の直売店で果物を使ったソフトクリームをペロリ。ほか、貸しバーベキュー場やピザ作り体験(要事前予約)も。

フルーツ狩りDATA

[ぶどう]

■品種/巨峰、シナノスマイル、ロザリオ・ロッソ、ウインクなど

■収穫時期/開催中~9月下旬

■持ち帰り料金/1kg1000円~

【食べ放題】 50分/大人950円~1150円、小学生以下740円~940円

[りんご]

■品種/秋映、シナノゴールド、陽光、名月、ふじなど

■収穫時期/開催中~11月上旬

■持ち帰り料金/1kg650円

【食べ放題】 大人800円、小学生以下600円 ※梨も食べ放題可 吉次園(きちじえん)

TEL/096-273-2544

住所/熊本県熊本市北区植木町木留556-1

営業時間/9時~17時

定休日/なし

アクセス/九州道植木ICより20分

駐車場/60台

「吉次園」の詳細はこちら

※入園・入場無料

※予約不要

※試食有り

※飲食店有り

※お土産販売有り

グレープガーデン益城【熊本県益城町】

化学肥料不使用!地下水育ちの甘いぶどう。

5000平方メートルのぶどう畑に4品種を栽培。化学肥料を一切使用せず、貝殻を粉末にした有機石灰や、なたね油、そして地下水で育つ果実はツヤツヤ!食べ放題はまず受付をしてから、食べたい房を摘み取って、休憩スペースで食べよう。また、9月中旬まで世界最大のカブトムシ、ヘラクレスオオカブトの展示も。

看板犬にも会いにきて

グレープガーデン益城看板犬・ピーターがお出迎え。「うちのぶどう甘いよ」
1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。