ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

学生最後の休み、初めてのクルーズ旅が僕らをちょっぴり大人にさせた

学生最後の休み、初めてのクルーズ旅が僕らをちょっぴり大人にさせた

大学最後の長期休み。同じサークルに所属していた私・春華(はるか)と愛(あい)、絢斗(けんと)と翔平(しょうへい)は、一緒に授業を受けるのはもちろん、お昼も一緒に食べる仲。

もうすぐ大学を卒業して社会人を迎える私たちは、卒業旅行の計画を立てていた。学生だからそこまで大きなお金を持っているわけではないので、予算は10万円。この額で満喫するなら東南アジアが無難ではないか、という話になっていた。

 

1、卒業旅行で「クルーズ」って新しいかも(春華)

shutterstock_275971190

photo by shutterstock

「私、アジアはちょっと飽きちゃったかも」

そういうのは、この4人の中で一番アジアを旅している愛。座学の講座が苦手で授業中もよく眠っていて、よくノートを貸してと頼まれる。

 

「確かに学生の今しか行けへん旅がしたいな」

唯一の関西出身の絢斗は、なんと世界一周経験者。せっかく東南アジアにまとまりかけたのに、なんでそういうこと言うのかな…。じゃあ他の案も出してほしいな…なんて思っていると、翔平が口を開いた。

 

船で離島を回るっていうのはどう?それなら、愛も絢斗も経験ないでしょ」

実は絢斗よりも長い期間世界一周の旅に出ていて、渡航国数が一番多いのが翔平。ちょっとぶっきらぼうに見えるけど周りのことをしっかり見ていて、私はそんな翔平にちょっと惹かれてる。

pixta_23388579_M

photo by pixta

「これなら豪華なクルーズ船で4つの島を周れて、しかも予算内の6万円ちょっと。1カ国だけ行くより、どうせなら何箇所か行った方がお得だよね」

ほら、と言って翔平がチラシを見せてくる。シンガポール発着の東南アジア満喫クルーズ…確かに4つの島をクルーズで周るなんて、なかなか聞いたことがないし興味が湧いてくる。

 

「これ今なら2017年と2018年の就航クルーズなら、30%オフになるんや!めちゃめちゃ俺らにぴったりやん」
「確かに〜!アジアの島も行きたいと思ってたんだよね」

一気にテンションが上がってしまった私たちは、そのクルーズを申し込む。写真を見る限り船も豪華そうだし、何より翔平と一緒に旅行に行けることが楽しみすぎる。

そして、その場でシンガポール行きの航空券を取った。

btn1

 

2、シンガポールから出発(絢斗)

shutterstock_350452259 (1)

photo by shutterstock

卒業旅行でアジアか〜めっちゃ普通やな、っていうのが正直な感想だった。世界一周の時にもアジアは旅しているし、そこらへんの学生と同じように「ただ観光地を巡る旅」みたいのは、つまらないという印象。

でも翔平の提案のおかげで、なんと学生の俺らがクルーズ船で旅をすることに。何より愛が楽しそうにはしゃいでいたので、その様子を見てどこか安心していた。

 

「え、俺らこれ乗るん…」

marina

photo by ロイヤル・カリビアン・インターナショナル

正直、学生が乗るような船の雰囲気ではない。船に乗っているだけで移動が楽にできて、船内にもアクティビティがたくさんあるなんて…経験したことのない違う世界を体験できるかも。しかも、こんなに長くみんなで旅行ができることは、これから先ないかもしれん。

「この船に30%割引の6万円台で乗れるなんて、すごいな…」

自分から提案していた翔平も、船を目の当たりにして目を丸くしている。

「ほな今しか行けへんし、行こか!」

俺ら4人は初めてのクルーズ船に乗り込んだ。船旅なんて想像もつかなかったけど、まず船の豪華さにあっけにとられてる。

アジアのクルーズでは最大級の大きさで、乗客定員数はなんと3,000人を超えるそう。14階建てで、全長はなんと310m。確か、東京タワーの高さが333mだったよな…。

 

3、アジアのクルーズ最大級!食事も大満足(愛)

heya2
1 2 3 4次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。