ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

初めてバックパックで旅に出る人がすべき8つの準備

初めてバックパックで旅に出る人がすべき8つの準備

旅の魅力にハマった僕はこれまでに7回ほどバックパッカーの旅に出かけ、トータルで1年間ほど旅をしてきました。その後は短期間の旅を繰り返し、気付けば旅の総延長距離は世界20周以上。

そんな僕もいい歳になりまして、ここ数年はどうしてもちょっと優雅で快適な旅(海外出張も含め)ばかりしていたわけですが、だからこそ旅の原点をもう一度見直してこようと思い、12年ぶりにバックパッカーの旅に行ってきました。

 

そこで、今回僕がどのように旅の準備をしたのかを詳しくご紹介したいと思います。「バックパッカーの旅に興味あるけど旅の経験はほぼ無いし、イメージがわかないし、いろいろと心配だな…」という人、結構いらっしゃると思います。
 
でもこうやって準備すれば、初めての人でも大丈夫!早速準備を始めましょう!

 

1. 行きたい国のガイドブックを読もう!

DSCN6995
photo by Yasuki Hashiba

まずはガイドブックを読みましょう。そして、行きたい町を決めましょう。「何もわからない」では予定を立てることも出来ないので、最低限の知識を得るようにします。

ネット検索は部分的な情報を調べるのに適していますが、全体的な情報を掴むことに関してはガイドブックの方が圧倒的にわかりやすいです。
 
出来るだけお金を掛けたくなければ図書館がおすすめ。比較的新しいガイドブックを多数揃えていることが多く、町の見所を調べるくらいなら情報が古くても全く問題無しです。移動手段や移動時間については多少情報が古くても参考になりますが、その情報をネット検索などで裏取りすることをおすすめします。

 

2. 旅行日数によって行先を決める

まずは興味がある国や町をリストアップします。その地域を旅するのに大体何日かかるか?を大雑把でいいので、下記の必要日数を基に計算します。

・見所が多い町=1日
・見所が少ない町=0.5日
・3時間以内の移動=0.5日
・5時間以上の移動=1日

 

こんな感じで大雑把に計算し、旅行期間内で収まるように訪れる町や観光名所の数を調整。ちなみに都市間の移動時間はガイドブックを参考にしたり、ググって調べます。

 

3. 旅程を簡単に組んでみる

route680

訪れる町を一筆書きで線でつなぎます。なるべく同じ道を往復しないよう、無駄が無い最短距離でつなぎます。この際に一番最初の町と一番最後の町は、空港がある大きめの町にするようにして下さい。

これを基に簡単な日程表を作ります。例えば、上記地図を基にするとこんな感じです。

1日目 東京 → バンコク → プノンペン
2日目 プノンペン1日観光
3日目 プノンペン → シェムリアップ
4日目 アンコールワット1日観光
5日目 シェムリアップ → デット島(ラオス入国)

 

次に線でつないだ都市間の交通機関を調べ、大体の出発時間を確認。なお細かな時間は気にする必要は無く「9時半発のバスがあって、所要時間は4時間程度」くらいを把握しておけば大丈夫です。

 

4. 航空券の予約をする

skygatephoto by www.skygate.co.jp

大まかな旅程が決まったら航空券を予約します。航空券は安い席から埋っていくので、なるべく早めに購入しましょう。
 
なお航空券を予約する際に、必ず必要な情報は名前(アルファベット)。ですので、必ずしもパスポートは必要ないのですが、一部航空会社では予約時にパスポート番号が必要です。そのような一部航空会社を予約する場合は、必ず事前にパスポートを用意しておきましょう。

 

そして航空券を選ぶ際に注意すべきことは「到着日と到着時間」です。安い航空券の中には、出発当日中に到着できる飛行機があるにもかかわらず、乗り継ぎの都合で翌日到着するという航空券も多々ありますから、しっかり確認しましょう。

航空券の探し方や予約については下記ページを参考にしてみて下さい。
海外航空券の探し方と予約の仕方

 

5. ゲストハウスを予約する

DSCN7383
photo by Yasuki Hashiba

一昔前のバックパッカーの旅では予約せずに当日飛び込みで宿探しをするのが一般的でしたが、近年はインターネット予約の環境が世界中で整いつつあり、事前にゲストハウスを予約していくのが一般的になってきました。
 
特に旅行シーズンの人気ゲストハウスは、あっという間に予約で満室になる傾向があるので、出来る限り事前に予約をしていくことをおすすめします。
参考: おすすめのゲストハウスの予約サイト

 

とはいえ、町によってはネット予約が出来る安宿が無いという場合も多々あります。この場合は当日飛び込みで宿探しをするしかありません。安宿情報はガイドブックやネット検索で探しておきましょう。

その他、旅行期間が長期である場合は予定通りの日付で宿泊できるとは限らず、予定の変更も十分にありえます。そのため長期旅行の場合はあまり先の日程については予約せず、現地で直接探すか、旅の途中で予約サイトから予約するなどした方が良いです。

 

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。