ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スタン・リーを主人公にした映画を米20世紀FOXが開発中

Mandatory Credit: Photo by Jim Smeal/BEI/BEI/Shutterstock (2304893eg) Stan Lee 'Iron Man 3' film premiere, Los Angeles, America - 24 Apr 2013

米20世紀FOXが、『トワイライト』シリーズや『メイズ・ランナー』シリーズのプロデューサーとして知られる製作会社テンプル・ヒルのメアリー・ボーウェン、ウィク・ゴッドフリーと共に、スタン・リーについて描く映画プロジェクトの開発を始めた。

米FOXは、リーの人生を映画化する権利を獲得したが、同プロジェクトの概要は明かされておらず、脚本家や監督、俳優はまだ決定していない。マット・ライリーが、米FOXでの同プロジェクトを統括する。

リーは、1922年にニューヨーク・シティでスタンリー・リーバーとして生まれた。リーは、1939年に叔父のロビー・ソロモンのアシスタントとしてタイムリー・コミックスで働いたことによって出版界に入り、1941年に臨時の編集者となり、3年間を米陸軍で過ごした。

1950年代後半と1960年代前半に、リーとアーティストのジャック・カービーは、マーベルのために『ファンタスティック・フォー』を創作し、『ハルク』、『マイティ・ソー』、『アイアンマン』、『X-Men』、『アベンジャーズ』を手掛けた。また、ビル・エヴェレットと共に『デアデビル』を創作し、スティーヴ・ディッコとは、『ドクター・ストレンジ』、『スパイダーマン』を手掛けたほか、ほぼすべてのマーベルのシリーズ作品を編集し、プロモーション用のコピーを書き、いつも彼のモットーである「より高く!」と、締めくくった。

リーは1981年に、マーベル作品のテレビシリーズ化と映画化のためにカリフォルニアに移り、マーベルのキャラクターをもとにした多くの作品で、エグゼクティヴ・プロデューサーを務めた。またリーは、マーベルの映画作品や他の映画作品でもカメオ出演したり、パウ!エンターテイメントでプロジェクトの開発を続けている。

テンプル・ヒルは、アカデミー賞を獲得したドキュメンタリー映画『アンディフィーテッド 栄光の勝利』をもとにした映画を開発中だ。同社はこれまでに、映画『きっと、星のせいじゃない。』、映画『ロンゲスト・ライド』、映画『ペーパータウン』、これから公開を控える映画『Power Rangers(原題)』を手掛けた。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。