ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【マヨラーの聖地】キユーピーの「マヨテラス」で、マヨネーズ料理の真髄を学ぶ

f:id:Meshi2_IB:20160912143104j:plain

皆さん、マヨネーズはお好きですか?

私は大好きです。わりと何でもマヨネーズで食べられちゃう方です。

いわゆる「マヨラー」ってやつです。

しかし「マヨネーズが好きだ」という発言は、周囲から「味覚音痴乙」「デブのもとpgr」みたいな扱いを引き起こしやすいのです。(私個人の体型について言われることに異論はないですが……)。これ、ちょっと納得いかない。マヨネーズって良いものなのに!

とはいえ私、マヨネーズについてそこまで深い見識を持っているわけではありません。これではマヨネーズ擁護の説得力に欠けてしまうのではないか……?

というわけで、マヨネーズのことがまるごとわかる完全予約制の見学施設「マヨテラス」に行ってまいりました! ここでマヨネーズの素晴らしさやその真髄を学んできたいと思います!

f:id:Meshi2_IB:20160912143105j:plain

「マヨテラス」は、キユーピー株式会社が運営する施設です。2013年10月に開設された研究開発とオフィス融合施設「仙川キユーポート」の一階にあります。場所は東京都調布市にあり、京王線仙川駅より徒歩7分ほど。駅から歩き始めるとほどなく大きな建物が見えてきます。

f:id:Meshi2_IB:20160912143106j:plain

「マヨテラス」の見学は、平日と月1回のみ、土曜日に行われています。一日4回、所要時間90分の完全予約制で、コミュニケーターが無料でご案内。私もこの見学会に参加し、施設を一通り見て回ることしました。

f:id:Meshi2_IB:20160912143107j:plain

まず最初に案内されたのがキユーピーギャラリー。ここでは、マヨネーズの歴史やキユーピーグループの成り立ちについて学びます。マヨネーズを日本で最初に紹介したのは、キユーピーの創立者の中島董一郎氏。アメリカ留学中に出会ったマヨネーズを日本でも広めるべく、1925年に発売しました。しかし、発売当初はポマードと勘違いして、髪の毛に塗る人が多発。そこで新聞広告やポスター、そしてキユーピーのキャラクターを駆使して、徐々に日本の食卓に受け入れてもらったそうです。

そのほか「マヨネーズ発祥の地はスペインのマオン島」「語源は『マオン+ネーズ(ソース)』」など知られざるマヨネーズ・トリビアも披露してもらえます。あと、余談ですがここ、ライトがマヨネーズ型になっています。かわいい。

f:id:Meshi2_IB:20160912143108j:plain

そして、ズラリと並ぶキユーピーの商品たち。ドレッシングにパスタソース、離乳食。変わったところでは業務用の冷凍卵なんかもあります。

すごいな、キユーピー!

ちなみにジャムでお馴染みの「アヲハタ」も創立者はキユーピーと同じ中島氏だそうな。

f:id:Meshi2_IB:20160912143109j:plain

続いてはマヨネーズドーム。「マヨテラス」の外からでも目につくほど、超巨大なマヨネーズボトル! 木製のフレームで作られたこのボトルは、実際のマヨネーズの50万倍の広さだそうです。

f:id:Meshi2_IB:20160912143110j:plain

う、宇宙空間!?

思わずテンションが上がってしまう不可思議な作り……。それでいてどこか温かみもある、なんとも不思議なスペースです。この中ではキユーピーマヨネーズの美味しさや、キユーピー独自の製造法について学びました。マヨネーズは卵の黄身・油・酢でできていること、長持ちする理由、現在発売中のマヨネーズシリーズは8種類など、意外と知らないマヨネーズの基礎知識をばっちり得られましたよ。

f:id:Meshi2_IB:20160912143111j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy