ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

探検家・高野秀行、今の仕事のきっかけは大学時代に…

探検家・高野秀行、今の仕事のきっかけは大学時代に…
J-WAVE月曜−木曜21時50分からの番組「School TV DREAM TRAIN」(ナビゲーター:秀島史香)。9月13日(火)のオンエアでは、今週のゲスト、探検家・ノンフィクション作家である高野秀行さんの学生時代の頃のお話を伺いました。

高野さんは、世界の辺境を旅するノンフィクション作家ですが、高野さんの仕事のルーツを知るために、まずは、どんな子どもだったのか聞いてみました。

「子どもは皆冒険好きだと思うんですが、僕も子どもの頃は林の中に入ったり、田んぼや畑、草っ原で遊んで秘密基地を作ったりしていましたね。それが、だんだん大きくなるにつれて皆やめていってしまう。いつまでもそれをやめないで続けていたら、1人だけ自分が残ってしまった、というイメージですね(笑)」

これを聞き秀島も、「よく『子ども心を忘れない』なんて言いますけど、まさにそれですね」とコメント。それではその頃、高野さんの将来の夢は何だったのでしょうか…?

「漠然と、考古学者になりたいと思っていました。小学校高学年から高校くらいまで」と高野さん。

「でもそれは普通の考古学者ではなくて、アトランティス大陸っていう昔沈んでしまった伝説の大陸だとかムー大陸とか、ピラミッドは誰が作ったんだとか…。そういうちょっとオカルトめいたことを探す“超考古学者”っていう、職業として存在するのか今となっては疑問ですが(笑)、そういうものが本当に好きでやりたかったです。インディ・ジョーンズのイメージにすごく近いですね」と続けてくれました。

その後、高野さんは「超考古学者」の夢を胸に、早稲田大学に入学。そこで「探検部」という、少し怪しい名前のサークルに入ったそうです。

「探検」という言葉の定義は人によって変わるため、そのサークルでも「探検とは宇宙に行くこと」「裏山を歩くことも探検」と様々な意見があり、自分のやりたいことを勝手にやるサークルだったそうです。高野さんはというと…

「僕は、アフリカのコンゴにあるジャングルの中に湖があって、そこに恐竜の生き残りみたいな謎の生物がいる、と聞いたので、それを探しに行きましたね」と、「超考古学者」を目指す高野さんならではの活動をしていたそう。しかし、それが結果的に高野さんの人生を変えるターニングポイントになるのです!

「その時の探検が新聞で取り上げられたりしたんです。それで、出版社から『その体験記を書かないか』という依頼が来まして。それまで自分はまったく文章を書いたことがなかったし、物書きになるつもりもまったくなかったんですが、書いたら、意外に評判が良かったんです(笑)。しかも自分の思っていることが、喋るよりももっとよく伝わった気がしたんですね。それでこれはいいな、と。自分の好きな辺境の地に行って、やりたいことをやって、帰ってきてそれを本に書いて、それでお金が入って生活するって、こんなおいしい話はない! と思って志したんですね」

なんと「探検部」の活動がそのまま今の仕事につながったのですね!

しかし実際やってみると大変だったそうで、「実際はおいしくもなんともなかった、ということが後でわかりました(笑)」と、笑いながら話してくれた高野さんでした(笑)。そんな高野さんのお話は9月16日(金)まで続きます。

【関連サイト】
「School TV DREAM TRAIN」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/dreamtrain/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。