ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

古くから学生に親しまれてきた新潟市「らーめん亭にしやま」の絶品チャーシューメン!

f:id:bbhotstp:20160904133957j:plain

古くから学生に親しまれてきたお店

新潟市中央区には、高校や大学など多くの学校が並ぶ地域があり、そこには古くから学生に親しまれてきたお店があります。

今回ご紹介するお店はこちら。

f:id:bbhotstp:20160904133806j:plain

▲らーめん亭にしやま

f:id:bbhotstp:20160904133811j:plain

お店の中には「学生割引有り」と書かれた紙が貼られています。

多くの学生客がこちらのお店でお腹を満たしてきたのでしょうね。

カメラを持ちお店の中を撮影していると、お客さんの一人が

「取材ですね。私はこちらのお店40年通っていますよ。本当に美味しいです」

と声をかけてきてくれました。

恐らくその方も学生時代からこのお店に通い、その味にハマり卒業後も通い続けたのでしょう。

ちなみに、数年前に代替わりし、現在では2代目店主がラーメンを作っています。

古くから通う常連さんがその味を認めているという点に、しっかりと味の伝承が行われているという事が想像つきます。

f:id:bbhotstp:20160904133816j:plain

▲メニューの数々

写真に写っている以外にも多数のメニューがあります。

たくさんあるので迷ってしまいますね……。

こういう時は定番の品からいくものです。

注文したは、「チャーシューメン(醤油味)」です。

カウンターに座ったため、自分が食べるラーメンを作るところを見る事が出来ました。

f:id:bbhotstp:20160904133916j:plain

まずは、醤油ダレと油を丼に入れます。

f:id:bbhotstp:20160904133923j:plain

麺はたっぷりのお湯に泳がせ茹で、平ざるで湯切りをします。

f:id:bbhotstp:20160904133934j:plain

茹で上がりに合わせ、スープをこしながら丼に注ぎ入れます。

深い味わいの背脂醤油スープ

出来上がりはコチラ!

f:id:bbhotstp:20160904133957j:plain

▲チャーシューメン(850円)

昔ながらの味わいのあっさり醤油味のスープに程よく背脂が浮いています。

ちなみに、先代が作っていた頃は、もっとたくさんの背脂が浮いており、

「にしやま=こってり」

というイメージを持っている人も多いかと思います。

2代目店主となり、

「背脂たっぷりで重たくしたくないのと、スープの味をしっかりと味わって欲しい」

という気持ちから背脂を減らし、あっさりめにしたのだとか。

ただ、背脂の量は注文時にお願いすると調節可能なので、以前の様にたっぷりの背脂を浮かせる事も可能です。

※ 7年前に先代が作っていた頃の「にしやま」で撮影したチャーシューメンの写真が残っていたので掲載します。

f:id:bbhotstp:20160904213808j:plain

背脂の量だけでなく、チャーシューの盛り付けの変化や味玉がプラスされていますが、ベースとなるスープの味はほぼ一緒でしたね。

f:id:bbhotstp:20160904134016j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。