ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【かつ丼】食欲もモリモリ!? アップアップガールズ(仮)森咲樹の“かつドル”への道!

f:id:Meshi2_IB:20160816215005j:plain

2011年結成、鍛え抜かれた肉体と激しいライブパフォーマンスで「体育会アイドルグループ」との呼び声も高い7人組アイドルグループ、アップアップガールズ(仮)、通称「アプガ」。

2016年11月8日には初となる武道館単独公演「武道館大決戦(仮称)」を控え、その勢いはますます加速している。そんなアプガのなかでも一番の高身長を誇り、スタイル抜群なアイドル。それが森咲樹だ。

彼女の夢は、“かつドル”になること。

ちょっとなにを言っているのかわからない『メシ通』読者のために説明すると、森咲樹こと森ティーは大のかつ丼好き。

常日頃からSNSではかつ丼に対する愛を語り、この取材前日のSNSにも「明日はかつ丼の仕事なんです!」と言っちゃうくらいなのだ。恐らく、「かつ丼の仕事」という単語を使うことは人生の中でそうそうないことだろう。

そんな森ティーのかつ丼の仕事を遂行すべく、我々は四谷・荒木町とへと向かった。

f:id:Meshi2_IB:20160816215006j:plain

今回訪れた「とんかつ鈴新」は創業60年、お店の看板にもなっているご主人が2代目となる老舗とんかつ店。ランチタイムともなればお店の外まで列をなす人気店だ。数々のメディアにも登場し、とんかつ通の間には名の知れた名店でもある。

とんかつはもちろんのこと、かつ丼がとにかく美味い。揚げたてのかつをたまねぎと特製タレで煮て卵でとじた「煮かつ丼」、ごはんの上に揚げたてのかつをのせたサクサク感のたまらない「かけかつ丼」、特製ソースたっぷり、だけど大根おろしを添えてさっぱりといただける「そうすかつ重」。どうやらこの三種類のかつ丼のことを「鈴新」では「かつ丼三兄弟」と呼んでいるようだ。

そんな有名店に、チェーン店でしかかつ丼を味わったことのないという、森ティーを投入したらどんな化学反応が見られるのだろうか。楽しみである。

「かつドル」森ティー、かつ丼ファン垂涎の「かけカツ丼」を初体験!

f:id:Meshi2_IB:20160816215007j:plain

「肉!!」

思わずそう叫んでしまいたくなる存在感の、すごい豚肉が登場しました。

f:id:Meshi2_IB:20160816215008j:plain

「鈴新」の名物店主である鈴木洋一さん。まさに東京のとんかつ界の重鎮であります。熟練の手つきで茨城県産のヨークシャー肉を贅沢にスライスしていきます。

f:id:Meshi2_IB:20160816215009j:plain

「スーパーとかで売ってるラードは白いでしょ? あれは着色料を使ってるの。うちのラードはちょっと茶色いでしょ? これが自然な色なんですよ。サラダ油は使わないでラード100パーセント使用してるんです」

f:id:Meshi2_IB:20160816215011j:plain

「かつから湯気が立ってきたら揚がった証拠なんですよ」

f:id:Meshi2_IB:20160816215012j:plain

「湯気が見えます……!」と興奮気味に語る森ティー。こんがりきつね色に揚がったかつを包丁で切る音が心地良い。

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。