ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日頃の疲れを癒しに温泉へ行こう!女子会におすすめの神奈川の温泉20選!

日頃の疲れを癒しに温泉へ行こう!女子会におすすめの神奈川の温泉20選! 神奈川

東京からの電車アクセスが抜群で、有数の温泉地を誇る神奈川県。

都心から数時間とは思えないほど、豊かな自然に囲まれ、まったりと気持ちいい湯を堪能できる。

日帰りでも宿泊でも、大好きな女友達と心地いい時間を過ごせば、お肌も心もピチピチになれるかも!

神奈川の温泉女子会。あなたならどこに行く?

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

湯本温泉

湯本温泉

箱根温泉の玄関にあたり、東京から最も近い温泉場として親しまれており、早川の本流と須雲川の合流する二つの川沿いに、にぎやかな温泉街をつくっています。 温泉の歴史は古く、文字通り「箱根十七湯」の最初の温泉で、1200年前の奈良時代からのものです。江戸時代には有名な湯浴場として、伊勢や富士、大山詣りの講中の泊り客でにぎわいました。年々近代的なホテルやレジャー施設も多くなり、箱根温泉の中では最大の規模を誇っています。

\口コミ ピックアップ/

箱根の玄関口にあたるので、駅前にはたくさんのお土産屋さんが並んでおり、いつも観光客で賑わっていてとても楽しいです。

店頭でかまぼこやコロッケなども売っているので、食べ歩きもできます! 湯本温泉

住所/神奈川県足柄下郡箱根町湯本

「湯本温泉」の詳細はこちら

箱根湯寮

箱根湯寮

箱根湯本駅のほど近く、木立に囲まれて佇む日帰り温泉“箱根湯寮”は、首都圏最大級19室の貸切個室露天風呂と絶景露天風呂を含む充実した大浴場、本格的な囲炉裏料理を愉しめる食事処、リラクセーションサロンからなる新しいタイプの温泉施設です。

建物は、起り(むくり)と呼ばれる膨らみのある黒い屋根の連なりがどこか懐かしく、屋内のあちらこちらの梁には100年も前に建てられた神戸の古民家の建材を使用。明治~大正時代の家具や古道具が配された空間は、まさに「古民家風の里山温泉」です。一日ゆったり、のんびりとお過ごしいただけます。

\口コミ ピックアップ/

温泉の種類も多く、眺めも良く、疲れも癒えました。

マッサージもあり、今回は時間の都合上行けませんでしたが、また行きたいです!

箱根湯本駅からは少し遠いですが、頻繁にバスが出ているので、アクセスは問題ないかと思います。 箱根湯寮

住所/神奈川県足柄下郡箱根町塔之澤4

TEL/0460-85-8411

「箱根湯寮」の詳細はこちら

湯河原温泉

湯河原温泉

神奈川県の西南端、千歳川、藤木川の渓谷に沿って位置する湯河原温泉。「万葉集」にも詠まれた古い歴史を持ち、温泉の発見には諸説あるが、なかでも「怪我をしたタヌキが発見した」というのがもっとも知られている。江戸時代にはすでに湯治場としての賑わいを見せており、明治から近年にかけては夏目漱石や国木田独歩をはじめ多くの作家たちが創作に交遊にと湯宿を利用していた。

現在では150軒以上の宿泊施設があり、土産店や商店とともに賑やかな湯の町情緒を漂わせている。 泉質-ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉/泉温-60.9度/効能-きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、動脈硬化など

\口コミ ピックアップ/

都内から近いため、ときどき、行っています。立ち寄り湯のあるお宿も結構ありますので、のんびり湯につかりたいときにお勧めの場所です。帰りにはいろいろなお土産も購入できますし。 湯河原温泉

住所/神奈川県足柄下郡湯河原町宮上

TEL/0465-64-1234

「湯河原温泉」の詳細はこちら

ニューウェルシティ湯河原

ニューウェルシティ湯河原

\口コミ ピックアップ/

宿泊客だけだと思っていましたが、日帰り入浴が可能でした。

湯河原には日帰り入浴施設が多々ありますが、ロケーション・施設の規模では湯河原で一番大きいのではないかと思います。

空いていましたので、大きなお風呂を独り占めで堪能できました。お奨めです。 ニューウェルシティ湯河原

住所/静岡県熱海市泉107

TEL/0465-63-3721

「ニューウェルシティ湯河原」の詳細はこちら

天山

天山

自家源泉から溢れ出す37万リットルの湯

箱根湯坂山の懐に抱かれ、ひっそりと立つ温泉施設。内湯のほか、岩風呂や洞窟風呂など男女各5つの野天風呂がある。5本の源泉からは、1日約37万リットルものお湯がこんこんとわき出しており、浴槽のお湯は全て源泉100%。しかも掛け流しである。1人で行ってみると、もっともっとくつろげる温泉だ。

1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy