ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【札幌】主役がおばぁちゃんのスープカレー屋「おくしばぁちゃん」って?

札幌市内の閑静なエリアにひっそりと佇む一軒家のスープカレー屋。このお店は他にはない魅力があることで今じわじわと注目を集めているんです。なんとその人気は日本だけには留まらず、海外からわざわざ訪れる人もいるほど。ではこのお店にはどんな魅力があるのでしょう? 気になる魅力に迫ってみたいと思います。

主役はおばぁちゃん!

【札幌】主役がおばぁちゃんのスープカレー屋「おくしばぁちゃん」って?
(C) facebook/スープカリー奥芝商店 おくしばぁちゃん

風に乗って香ってくる美味しい匂いに誘われて店内に足を踏み入れると、まず目に入るのはスタッフの優しい笑顔。なんとここで働く人たちは上は70歳までの正真正銘のおばぁちゃんたちであり、彼女たちがお店の主役でもあるんです。そう、このお店の名前は「奥芝商店 おくしばぁちゃん」。いまや札幌のソウルフードともいえるスープカレーですが、ブームの火付け役となった奥芝商店が新たにオープンしたお店なんです。

「爺様に心盗られて五十年 レディ・婆」

【札幌】主役がおばぁちゃんのスープカレー屋「おくしばぁちゃん」って?
(C) facebook/スープカリー奥芝商店 おくしばぁちゃん

コンセプトは、「おばあちゃんが元気だと、まわりもみんな元気になる!」というもので、店内にはおばぁちゃんならではの深みのある川柳やちょっとクスっと笑ってしまいそうになるものが至るところに展示されています。

【札幌】主役がおばぁちゃんのスープカレー屋「おくしばぁちゃん」って?
(C) facebook/スープカリー奥芝商店 おくしばぁちゃん

「レディ婆」というある有名海外アーティストを彷彿させる名前を使って書かれたユーモアたっぷりの川柳は必見ですが、年を重ねた人生の先輩の言葉たちは疲れた心をふっと軽くしてくれるようなあたたかいものばかり。ついつい見入ってしまいます。

■関連記事
【札幌】道産子が教える、コーヒーが絶品でオシャレなおすすめカフェ5選
http://tabizine.jp/2016/08/20/91748/

こだわりの道産食材!

【札幌】主役がおばぁちゃんのスープカレー屋「おくしばぁちゃん」って?
(C) facebook/スープカリー奥芝商店 おくしばぁちゃん

この店の一押しメニューは「マル天カリー」というてんぷらを乗せたスープカレー。てんぷらにする具材をあらかじめ自分で選び、それを目の前で揚げてくれるというスープカレー店では前代未聞の斬新なアイディアを取り入れているから驚きです。肝心の味はもちろん文句無しのクオリティ! それもそのはず、スープカレー界のパイオニアが厳選に厳選を重ねた新鮮で安全な野菜を使っているので美味しくない訳がないんです。でももしかしたら、おばぁちゃんの真心が一番の「おいしさの理由」かもしれないですね。

【札幌】主役がおばぁちゃんのスープカレー屋「おくしばぁちゃん」って?
(C) facebook/スープカリー奥芝商店 おくしばぁちゃん

笑顔で迎えてくれるおばぁちゃんたちを前にするとなぜか無意識に「ただいま」なんて言ってしまいそうになる、そんな懐かしさすら感じるようなスープカレー屋「奥芝商店 おくしばぁちゃん」。ちょっと心が疲れてしまったとき、家族が恋しくなったとき、人生の先輩のところへ行って美味しいものを食べて、心も体もリフレッシュさせてみても良いかもしれませんね。

[スープカリー奥芝商店おくしばぁちゃん]

■関連記事
【北海道】心がすっと軽くなる、日没閉店の絶景カフェって?
http://tabizine.jp/2016/08/23/91750/

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy