ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ボストンのおすすめ観光スポット14選

ボストンのおすすめ観光スポット14選

ボストンはアメリカで最も歴史が深い街のひとつで、『自由の揺りかご』とも呼ばれる独立戦争発端の地。アメリカ最初の大学であるハーバード大学もこの地にあります。

生活水準が高く治安が良いと言われるボストンで、アメリカのルーツを感じる旅をしてみませんか?
見どころいっぱいのボストンですが、特に外せない14個の観光スポットをご紹介します!

 

これで迷子にならない!ボストンを巡る赤い道

ボストンを巡る赤い道

photo by shutterstock

ボストンを巡る赤い道

photo by shutterstock

ボストンの中心部には、道路に赤い線が引かれています。場所によってペンキが塗られていたり、レンガで作られていたりするのですが、これを辿ると、市内の主な観光地を巡ることができるのです!

旅先で地図とにらめっこしているうちに観光時間がどんどん減っていく・・・そんな経験はありませんか?

 

私も典型的な地図が読めないタイプ。この赤い線の存在を知った時「これなら初めてでも迷子にならない!なんてグッドアイディア!ボストンすごい」と思いました。

ただし、実際は途中で線が消えていたり、工事で迂回しなければならなかったりすることもあります。

 

この赤い線は『フリーダムトレイル』と呼ばれ、ボストンコモンからバンカーヒル記念塔までの全長約4km。イギリスからの独立を目指した当時の人々の軌跡を辿る、歴史の道でもあります。

リスのいる公園を抜けたり趣ある小道を覗いたりと、街歩きとしても楽しいので、ボストンを訪れたらまず歩いてみてください。
■詳細情報
・名称:フリーダムトレイル(Freedom Trail)
・住所:Greater Boston Visitor Center: 147 Tremont Street, Boston, MA 02109
・公式サイトURL:http://www.thefreedomtrail.org

 

収蔵品は50万点!全米トップクラスのボストン美術館

ボストン美術館

photo by museum.escubes

ボストン美術館

photo by museum.escubes

ボストンには全米でもトップクラスの『ボストン美術館』があります。

エジプトの出土品から、フランス印象派絵画、アメリカのモダンアートまで収蔵品は50万点を超え、その質の高さは世界レベル。ここを目当てにボストンを訪れる観光客も多いほどです。

この美術館のすごい点は、王室や大富豪のコレクションがもとになったのではなく、地元の有志によってゼロから歩み出されたことです。

開館はアメリカ独立100周年にあたる1876年。民間の人たちの熱い想いが込められた美術館なのです。

 
■詳細情報
・名称:ボストン美術館(Museum of Fine Arts, Boston)
・住所:Avenue of the Arts, 465 Huntington Avenue, Boston, MA 02115
・アクセス:地下鉄グリーンラインE支線『Museum of Fine Arts駅』下車 / オレンジライン『Ruggles駅』下車
・営業時間:
月火土日 / 10:00~16:45
水~金 / 10:00~21:45
※木金の本館は10:00~16:45、楽器展示室は11:00~16:00、日本庭園は春~初秋10:00~16:00(雨天閉園)
・定休日:4月第3月曜、7/4、11月第4木曜、12/25、1/1
・電話番号:(617)267-9300(テープによる案内)
・料金:
大人 / $18
学生・シニア / $16
7~17歳 / $6.5
・所要時間:3時間
・公式サイトURL:http://www.mfa.org

 

ハーバード大学のキャンパスライフを疑似体験

ハーバード大学

photo by onaneet

ハーバード大学2

photo by easteregg

言わずと知れた世界最高峰の教育機関であるハーバード大学は、1636年に創立されたアメリカ最古の大学でもあります。

これまでに8人のアメリカ合衆国大統領、100人以上のノーベル賞受賞者を輩出してきました。
オバマ大統領やナタリー・ポートマンもこの大学の卒業生ですね。

 

残念ながら校舎や図書館は大学関係者以外立ち入り禁止になっていますが、敷地内は基本的にオープンで、学生ガイドによる無料キャンパスツアー(英語)も行われています。

1 2 3 4次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。