ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自動運転の「Uber」始動。ポイントは橋の認識らしい(米・ピッツバーグ)

自動運転の「Uber」始動。ポイントは橋の認識らしい(米・ピッツバーグ)

2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボルボのXC90。

いま、ピッツバーグの街でUberのアプリを使うと、ランダムでこの自動運転の車が手配されます(割り振られた人は無料)。年内に100台が投入される予定とのこと。

自動運転だけど「無人」じゃない

自動運転の「Uber」始動。ポイントは橋の認識らしい(米・ピッツバーグ)

いきなり自動運転のタクシーと言われると、興味よりも不安を持つ人のほうが多いと思いますが、このUberの自動運転タクシーにはちゃんと運転席に人が乗っています。ただし、あくまでも万が一のときのため。つまりは「有人自動運転タクシー」なのです。

いま、Uberのテストカーが道路上の様々な法律や状況判断を学習しながら安全運転で運行をしています。運転席と助手席にはエンジニアが乗り込んでおり、車には何百というカメラ、センサー、レーダーが取り付けられ、ノートPCで記録を取りながらの走行。

道、車線、建物、駐車している車、消火栓、信号機、樹木など、様々な障害物のデータを取り、ピッツバーグの道にあるすべてのものを詳細な地図にまとめているそうです。

そのなかでも、とくに判別が難しいのが「橋」だと言います。ピッツバーグには全部で500もの橋が架けられていますが、Uberの自動運転システムは橋を渡ることができず、このときばかりは自動運転がオフになり、ハンドルは運転手の手に委ねられるとか。

Googleへの挑戦。完全な無人自動車の実現を目指す

UberのCEO、トラヴィス・カラニックはこの自動運転システムを開発するために何百人というエンジニアを集結。

また自動運転技術を開発、そして無人トラック計画を進めていた企業「Otto」を買収し、その共同創始者であるアンソニー・レヴァンドウスキーの助力を得ることに成功。レヴァンドウスキーは元々、Googleの自動運転プロジェクトチームのひとりです。また、OttoにはGoogle Mapのリーダーを務めていたライアー・ロンや、Googleロボティクスのクレア・ドロネー、エンジニアのドン・バーネットなど多くの技術者がいました。

ご存知の通り、自動運転の車を開発している企業はUberだけではありません。Googleやテスラモーターズ、フォードなども同様のプロジェクトを進めています。が、いまだ自動運転のサービスを開始した企業はありません。また、Uberが彼らと違う点は車両を独自で開発せず、ボルボや他の自動車メーカーと提携しているところです。

CEOのカラニックは「確実に安全な自動運転技術を開発することで、自動車事故をなくしたい」と語ります。また、ボルボと協力して2021年までに完璧な自動運転の車を開発するために3億ドルの予算を用意している、とも。

ピッツバーグで無人の自動運転タクシーに乗ることができる日は、意外と早くやってくるかもしれません。Licensed material used with permission by Uber Technologies

関連記事リンク(外部サイト)

「ボルボ」が2017年までに自動運転車両を実用化するかも?
アメリカで自動運転する商用車両の走行が認可!もう運転はいらない?
Uberが、車ではなく「ヘリ」をスマホで予約できるサービスを開始!

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。