ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サンドクロック、wacci・カサリンチュ参加の主催ライブで新作リリースを発表

サンドクロック、wacci・カサリンチュ参加の主催ライブで新作リリースを発表

9月2日、渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて、サンドクロック主催ライブ「サンドクロック presents“Pop Noodle”vol.7~男たちの晩夏~」が開催された。

出演アーティストは、サンドクロック、wacci、カサリンチュの3組。主催者であるサンドクロックは、サポートメンバーを迎えたバンド編成にてトリでの出演となった。

初めて2人で作詞を手掛けた「EPOCH~始まりの詩~」、珠玉のラブソング「80歳になったら盆栽を極める」を歌い上げると、会場は一気に熱気に包まれた。するとここでメンバーから「今日は、みんなにすごく大切なお知らせがあります。、、、、僕達サンドクロックは、冬に新作をリリースすることが決まりました!」との発表が。リリースを待ち望んでいたファンからは歓喜の声が沸き起こる。そしてそんな興奮が冷めやらないファンを前に、新曲の「Sleeping Beauty」を披露。新曲にも関わらずキャッチーなその曲調にファンも自然に身を揺らし、手拍子が起こった。

その後、「S」、「カメレオーン」、「Bibbidi-Bobbidi-Boo」など、アップテンポな曲を立て続けに歌唱し、更に会場を沸かせた。そして終盤、ステージ上に滝田と永田の2人だけになると、「1+1」を大切に歌い上げ、ステージの最後を締め括った。

公演の最後には、再びwacci、カサリンチュを呼び込み、ケツメイシの「夏の思い出」を歌唱。終わりを惜しまれつつも本公演は幕を下ろした。サンドクロック、wacci、カサリンチュでの初のコラボレーションとなり、非常にプレミアムな一夜となった。

サンドクロック presents “Pop Noodle” vol.7 セットリスト
1、EPOCH~始まりの詩~
2、80歳になったら盆栽を極める
3、Sleeping Beauty
4、S
5、カメレオーン
6、Bibbidi-Bobbidi-Boo
7、1+1

関連リンク

サンドクロック オフィシャルサイトhttp://sandclock.net/

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。