ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

思わず立ち寄りたい!石巻エリアのおすすめドライブスポット【宮城】

思わず立ち寄りたい!石巻エリアのおすすめドライブスポット【宮城】 宮城県慶長使節船ミュージアム(サン・ファン館)

震災から5年半が過ぎ、被災地の現状を知る機会が少なくなってきた今日この頃。

今年の夏休みは、家族で、カップルで、友達同士で、宮城県三陸海岸の石巻エリアを訪れてみてはいかがでしょう?

「仮面ライダー」などの産みの親、石ノ森章太郎の作品を展示するミュージアムや、江戸時代に海を渡った木造帆船を復元・展示しているミュージアムなど・・・。

大人も子どもも大満足のスポットがいっぱい!

地元の人ともふれあいながら、復興の歩みを肌で感じてみよう。

石ノ森萬画館

人気キャラクターが大集合!

石ノ森萬画館歴代の仮面ライダーがずらり。アトラクションも人気 (C)石森プロ/東映

『仮面ライダー』や『サイボーグ009』などの産みの親、石ノ森章太郎の作品を展示するミュージアム。アニメーション体験を楽しめるコーナーやマンガを収蔵するライブラリーなどもある。 石ノ森萬画館

TEL/0225-96-5055

住所/石巻市中瀬2-7

営業時間/9時~18時

定休日/第3火

料金/入館料大人800円、中・高校生500円、小学生200円

アクセス/三陸道石巻河南ICより15分

駐車場/100台

「石ノ森萬画館」の詳細はこちら

藤や食堂

茶色い麺のご当地焼きそば。

藤や食堂「肉・玉子入り」は600円。石巻のソウルフード

石巻駅の近くにある老舗食堂で、「石巻焼きそば」が人気。二度蒸しした茶色い麺を使い、食べる時にソースをかけるのが特徴だ。野菜入りの「特製焼きそば」700円もおすすめ。 藤や食堂

TEL/0225-93-4645

住所/石巻市立町2-6-17

営業時間/11時~18時 ※麺がなくなり次第終了

定休日/不定

アクセス/三陸道石巻河南ICより12分 なし

「藤や食堂」の詳細はこちら

宮城県慶長使節船ミュージアム(サン・ファン館)

江戸時代に海を渡った木造帆船を復元・展示。

宮城県慶長使節船ミュージアム(サン・ファン館)隣接のサン・ファンパークから海と復元船を見渡せる ※現在、復元船の乗船およびドック棟の立ち入りを中止しています

約400年前に支倉常長ら慶長遣欧使節を乗せて太平洋を渡ったガレオン船「サン・ファン・バウティスタ」の復元船は必見。展望棟には、慶長遣欧使節の資料やシアターなどがある。

イベント情報

開館20周年記念企画展「木造帆船サン・ファン・バウティスタが育んだもの」8月10日(水)~11月7日(月)開催 宮城県慶長使節船ミュージアム(サン・ファン館)

TEL/0225-24-2210

住所/石巻市渡波大森30-2

営業時間/9時30分~16時30分 ※最終入館は30分前

定休日/火

料金/入館料大人350円、高校生以下無料

アクセス/三陸道石巻河南ICより30分

駐車場/300台

「宮城県慶長使節船ミュージアム(サン・ファン館)」の詳細はこちら

※この記事は2016年8月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

思わず立ち寄りたい!宮城県南三陸エリア♪ドライブおすすめスポット
カフェ&レストランも♪房総エリアのおすすめ絶景スポット4選【千葉】

じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。