ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【絶対喜ばれる!高知県の人気お土産15選】地元民ランキング&編集部おすすめを集めました

ごっくん馬路村

お土産選びは旅の大きな楽しみのひとつ。自分が気に入ったものを買えばいいけど、やっぱりハズしたくない…、そんな旅人のために『じゃらん編集部』では、地元民がオススメする「ご当地の美味しいお土産」を大調査。

今回紹介する高知県は坂本龍馬の出身地として有名。桂浜、龍河洞、四万十川などの景勝地がたくさんある、自然豊かな県です。お土産ランキングは、特産の柚子やかつお、川のりなどの山海の幸に、昔から地元に愛され続けている和生菓子と、バラエティに富んだラインナップとなりました。

その他にも、定番から人気商品まで揃えたイチオシお土産情報もお届け!

記事配信:じゃらんニュース

■目次

地元民の声を集めた「お土産ランキング」はこちら

定番から人気商品まで揃えたイチオシお土産情報はこちら

~地元民オススメ!お土産ランキング~

【1位】ごっくん馬路村

ごっくん馬路村

馬路村の香り豊かな柚子、村を流れる安田川の清らかな水、あまくておいしいハチミツから作られた柚子ドリンク。子どもに安心して飲ませられるおいしいドリンクを作りたいと、試作を繰り返し生まれた飲料が28年を超えるロングセラー商品となった。「柚子の香りが爽やか」「飽きがこない飲みやすさ」と、高知を代表するドリンクとして親しまれている。 価格:130円(1本)

販売元:馬路村農協

【2位】塩けんぴ

塩けんぴ

揚げたさつま芋に高知県室戸海洋深層水入りの蜜をコーティングした甘から味の芋けんぴ。芋けんぴはもともと高知の名物だが、さつま芋の甘味と塩の旨みが「食べだしたら止まらない」「癖になる」と、ヤミツキになっている県民多し。例年新芋で作っているため、今季の販売は終了、8月下旬より今年の新芋での販売を再開。 価格:378円(200g)

販売元:四万十郷 水車亭

【3位】土佐銘菓 かんざし

土佐銘菓 かんざし土佐銘菓 かんざし

8個入りは864円。かんざし飴1本入り

柚子風味の白餡をマドレーヌ生地で包み焼いたもの。高知の「よさこい節」にちなんだネーミングで、銀紙を開くと、かんざしの愛らしいイラストが目に入る。ふわふわの生地と柚子の香りが上品で「高級感がありもらうとうれしい」「誰にあげても喜ばれる」とのコメントにもあるように、昭和37年(1962年)から販売するロングセラーで、年間450万個を発売する人気菓子。 価格:351円(3個)

販売元:浜幸

【4位】ミレービスケット

ミレービスケット ミレービスケット

新鮮な植物油でさらりと揚げて、天日塩で仕上げた昔懐かしい味のビスケット。「ビスケットの甘さと塩味がなんともいい感じにマッチ」「素朴な味わいで食べるほど止まらなくなる」と、高知で60年愛されてきたことがわかるクチコミが数多くみられた。製造元の野村煎豆加工店は、豆菓子を製造販売する野村商店として創業以来94年、変わらない美味しさを届けている。 価格:170円

販売元:野村煎豆加工店

【5位】藁焼き鰹たたきセット

藁焼き鰹たたきセット

高知県独特の鰹たたきの製法「藁焼き」。藁は燃やすと火力が非常に強く、鰹の表面のみを一気に焼き上げてくれる上に、食欲をそそる独特な風味付けをしてくれる。藁焼き鰹たたきの専門店・明神丸では、店内で焼き立てのたたきをいただけるほか、薬味とセットになった持ち帰り用の鰹たたきを買うことができる。 価格:焼きたてたたき1節2,900円

販売元:明神丸

【6位】土左日記

土左日記 土左日記
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy