ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

現代人の集中力持続時間は「金魚」以下!(研究結果)

現代人の集中力持続時間は「金魚」以下!(研究結果)

過去に「Microsoft」が発表した研究によれば、現代人の集中力は平均8秒ほどしか続かないそうです。ちなみに金魚は9秒。

え、負けてるの!?

原因は「モバイル」?

現代人の集中力持続時間は「金魚」以下!(研究結果)

カナダのリサーチャーが2,000人を対象にして脳波を計測した結果を、マイクロソフトが検証したところ、モバイルが登場し始めた2000年頃と2013年を比べて人々の集中力持続時間が平均12秒から8秒まで減少したことを発見しました。

原因として考えられるのは、複数のスクリーンを切り替えて追いかけるがために、不要な情報をフィルタリングできずに気が散ってしまうこと。

研究結果によると、人々が興味を持った物事から関心を失ってしまうまでのスピードは格段に短くなっています。そこで最も求められているのは、何が一番重要なことなのかがひと目でわかるかどうか。

その例として、屋外の広告表示がビジュアルに特化するようになった傾向が挙げられています。

マルチタスク能力は向上。

現代人の集中力持続時間は「金魚」以下!(研究結果)

モバイルネイティブ世代では、複数の作業を同時にこなす能力は格段に上がっているとも捉えられています。実感はあるでしょうか。

得意とは言わずとも、SNSや検索を当たり前に業務で使用するようになった世代であることは確かです。複数のデバイスを使い、情報のザッピングを繰り返しながら、その中から重要なポイントを目利きできることも大切なこと。もちろんスピードも必要です。

その際に、一つひとつへの集中力持続時間が短くなっているというのは、自然なことなのかもしれません。とはいえ、金魚に負けたとは驚きますね…。Reference: Attention spans Consumer Insights, Microsoft Canada.

関連記事リンク(外部サイト)

音楽を聞きながら作業をすると、記憶力・集中力が上がる(米研究)
集中力は人から人へ「伝染する」と判明(研究結果)
記憶力を上げるには、勉強の4時間後に「エクササイズ」をするといい(研究結果)

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。