ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

水カン 松尾芭蕉は「ラップがクソ難しかった!」

水カン 松尾芭蕉は「ラップがクソ難しかった!」
J-WAVE月曜−木曜深夜1時からの番組「SPARK」(水曜ナビゲーター:水曜日のカンパネラ) 。8月31日のオンエアでは、水曜日のカンパネラのコムアイとケンモチヒデフミで、待望の新曲「松尾芭蕉」の制作秘話をお届けしました!

新曲は、トヨタの新型「プリウス」に試乗して感じた乗り心地をもとに作るというコンセプトで作られました。トヨタから依頼があったときはコムアイも、ケンモチも驚いたそうです。

ケンモチ:「乗った感想を音楽で表現してください」っていう依頼で、トヨタさんも着眼点がすごいなって思いましたよ。
コムアイ:無茶振りだよね(笑)。新型「プリウス」は、マイナーチェンジとかじゃなくて、かなり変わったんだよね。車体がかっこいいから、思った以上に気に入りました。
ケンモチ:(デザイン的に)目つきが鋭くなりましたよね。

とのこと。作詞・作曲はケンモチが手がけましたが、本人いわく「快心の出来」だそうです!

ケンモチ:ビートとかも変わったりしてるんですけど、サビのところでコムアイさんの声をいくつも重ねて重厚感を出しました。コムアイさんのいつもと違う一面を出せたんじゃないかと。
コムアイ:エンジニアの松橋さんにも頑張っていただきました。
ケンモチ:「ほそみー」って歌ってるけど、厚みは出てるっていう。

タイトルが「松尾芭蕉」というのも気になるところです。実は、ケンモチが提案したタイトルには3つの候補があり、「葛飾北斎」(富嶽三十六景)、「弥次さん 喜多さん」(東海道中膝栗毛)も候補に入っていたとか。

ケンモチ:コムアイさんの鶴の一声で決まりました。
コムアイ:ざっくりしたイメージだけど、「プリウス」が大人の車だから、松尾芭蕉が良いかなと。松尾芭蕉だと「おくのほそ道」で「道」もイメージできるし。
ケンモチ:江戸時代だと、旅をするのは人生の一大イベントだったけど、現代なら車ですぐに行けるギャップの面白さもあります。

非常にかっこいい曲ですが、コムアイにとってはラップが非常に難しかったそうです。

コムアイ:ラップがクソ難しくて。あ、「クソ」って言っちゃった(笑)。
ケンモチ:そこは気を使うところじゃないよ(笑)。
コムアイ:今までで一番ラップが難しくて、歌詞カード見たとき、びっくりするくらい言葉が詰まってたから、ちっちゃい「っ」とかを省いて工夫したほどで。(歌詞に出てくる)「フォルダーカップ2個つき」の部分とかいらないよね(笑)。
ケンモチ:でも、それがないと韻を踏めないの。

と、裏話も明かしてくれました! 山田智和さんが手がけたミュージックビデオにも注目です。前作「ツチノコ」ともまた違った作品に仕上がっていますよ。

コムアイ:CGをガンガン使って、今までにないチャレンジだよね。
ケンモチ:智和さんの中のユーモアのセンスが出てますよ。男がランニングマシーンで走ってるところとかね。「フザけてるんだけど真面目」な感じが出てます。

ということで、話を聞けば聞くほど気になります。「松尾芭蕉」のミュージックビデオは絶賛公開中なので、ぜひご覧ください!

【関連サイト】
「SPARK」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/blog/spark/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。