体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【絶対喜ばれる!鹿児島の人気お土産22選】地元民ランキング&編集部おすすめを集めました

【絶対喜ばれる!鹿児島の人気お土産22選】地元民ランキング&編集部おすすめを集めました かすたどん

ご当地のオイシイものは、やっぱり地元の人が知っている!

あなたの旅のお土産選びをもっとスムーズにするべく、『じゃらん編集部』が地元民の声を集めた「美味しいお土産ベスト10」を発表☆

ランキングの他にも、定番から人気商品まで揃えたイチオシお土産情報もお届け!

職場や彼氏やお友達、そして自分へのお土産探しに活用してみて♪

ご紹介するのは、豊かな自然を感じられるスポットや良質な温泉も数多い鹿児島県。

素朴な郷土菓子からその名の通りの特産品・さつまいもを使った新感覚スイーツまで幅広い顔ぶれが揃っています♪さっそくチェックしてみて!

【1位】かすたどん

かすたどん

カスタードクリームをふんわりスポンジ生地で包んだ洋菓子。包みを外して弾力のあるスポンジを2つに割ると、クリームがぎっしりと詰まっている。鹿児島県産の卵をたっぷり使ったカスタードは濃厚で「カスタードとふわふわの生地との相性が抜群」「中のクリームがたまらない」と8割近くの支持を受けて、堂々の1位となった。 価格:108円(1個)

販売元:薩摩蒸氣屋

【2位】さつまあげ

さつまあげ お土産に人気の「生さつまあげ詰合せDセット」は9種入りさつまあげ

一番人気の「チーズ入りさつまあげ」。すり身に合うオリジナルのナチュラルチーズを使用。150円

魚肉のすり身を油で揚げたもので、琉球を経て薩摩(鹿児島)から日本全国に広がったと言われている。「本場なだけに美味しい」「鹿児島の味」と自慢の郷土の味に支持が集まった。さつまあげ専門店の揚立屋では、昔ながらのプレーンな「棒天」をはじめ、「さつま芋入り」、「チーズ入り」などのオリジナル商品、旬食材を使った季節限定品なども販売している。 価格:生さつまあげ詰合せDセット3,400円

販売元:揚立屋

【3位】かるかん饅頭

かるかん饅頭

自然薯、米粉、砂糖で作った鹿児島銘菓・かるかんに、小豆餡を包んだ和菓子。もちもちしっとりして素朴な甘さのかるかんと、餡が見事に調和している。「他にはない独特のお菓子」「鹿児島ならでは」など、ご当地らしさを推すクチコミが集まった。明石屋は、江戸時代から160年以上にわたってかるかんを作り続けている老舗店。 価格:1,512円(8個)

販売元:明石屋

【4位】ボンタンアメ

ボンタンアメ

ソフトキャンディでもグミでもなく、もち米をベースにしたもちもちと柔らかい食感と甘酸っぱく爽やかな柑橘風味が特徴の飴菓子。セイカ食品のボンタンアメは大正13年(1924年)の創製以来、パッケージデザインや原料・製法はほとんど変わらず、「懐かしい素朴な味」「子どもの頃から食べている」などのコメントにもあるように、親子代々食べ続けられている。 価格:97円(10粒)

販売元:セイカ食品

【5位】げたんは

げたんは

黒砂糖、小麦粉、卵で作った生地を板状に延ばして焼きあげ、台形に切って黒砂糖の蜜に漬けこんだもの。昔から鹿児島に伝わる素朴な郷土菓子。しっとり柔らかく、黒糖の旨みが口いっぱいに広がる。台形の形が「下駄の歯」に似ていることから「げたんは」と呼ばれるようになった。鹿児島県内ではスーパーなどで手軽に買うことができる。 価格:オープン価格

販売元:南海堂

【6位】あくまき

あくまき

灰汁(あく)に漬けたもち米を竹の皮で包み、灰汁で炊いた和菓子。もともとは島津藩の戦闘食だったとも言われ、現在では主に端午の節句に作られている。灰汁を使っているので独特の風味と食感で、きな粉や砂糖、醤油などで味をつけていただくのが一般的。「お勧めはきな粉と黒糖のブレンド」「腹もちがよく食べ慣れると癖になる」など日常に溶け込んでいるのがわかるクチコミが目立った。 価格:378円(1本)

販売元:梅木屋

【6位】さつまどりサブレ

さつまどりサブレ
1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。