ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

深まる秋の趣溢れる金沢をしっぽり味わう、11月旅行おすすめ20選

深まる秋の趣溢れる金沢をしっぽり味わう、11月旅行おすすめ20選 金沢

わびさびが深みを増す秋日の、余分な色味が抜けた風景は正に粋そのもの。

古き良き和の心を体現する街、金沢の趣もまた熟され、今しか見れない表情を浮かべるはず。

紅葉の街並みが魅せる爽涼の景観の数々は、秋旅行の訪問者に穏やかな想いを抱かせる。

秋が熟成する11月の金沢、今しかない旅と風情を堪能して。

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

兼六園

兼六園

小立野台地の西北端近くにあり、金沢城跡とは百間堀をへだてて相対している。江戸時代の代表的な回遊池泉式庭園で日本三名園の一つ。延宝年間(1673年~1681年)、五代藩主綱紀の時代に最初の庭が造られ、1822年(文政5年)十二代藩主斉広が竹沢御殿を建てるに際し、拡張整備を行い、さらに1837年(天保8年)、十三代藩主斉泰が竹沢御殿を壊して霞ガ池を造りほぼ現在の形となった。

兼六園の名は奥州白河藩主白河楽翁が宋の李格非の“洛陽名園記”にちなみ、宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の6つを兼備する名園であるとして命名した。その名に恥じず、10万平方mを超える園内には池や滝があり、曲水が造られ、日本海方面や医王山方面の眺望もすばらしい。

\口コミ ピックアップ/

ニュースなどで見る冬支度「雪づり」が実際に見られる時期に行きました。雪の重みで枝が折れないよう職人さんが木の周りに縄を張る作業に勤しんでいました。すでに縄が張られている木々が織りなす美しい幾何学模様は、古来から日本人がお寺や庭などに施してきた小宇宙の表現を思わせるようでした。 兼六園

住所/石川県金沢市兼六町1-4

TEL/076-234-3800

「兼六園」の詳細はこちら

金沢21世紀美術館

金沢21世紀美術館

平成16年10月開館。円いガラスに囲まれた明るい美術館。気軽に立ち寄れ、無料ゾーンにコミッションワークもあり、建物そのものも一見の価値あり。

\口コミ ピックアップ/

庭の美術品が面白い。館内だけの美術館に行くと、幼い子ども連れだと気をつかうが、ここは庭にたくさん造形物があったので、元気に楽しく美術に触れることができました。 金沢21世紀美術館

住所/石川県金沢市広坂1-2-1

TEL/076-220-2800

「金沢21世紀美術館」の詳細はこちら

尾山神社

尾山神社

金沢の藩祖・前田利家公をまつる。神門は全国でも珍しい洋風の建物で重要文化財。18時から22時まで灯りがともり、ギヤマンが美しく映える。

\口コミ ピックアップ/

一見の価値あり。前田利家公、おまつの方をお祀りする神社で、神門は、ステンドグラスみたいなギヤマンと和の融合で、鳥居と、石造りと木の彫り物とで初めてみる雰囲気にとても素晴らしかったです。夜はライトアップされるみたいです。 尾山神社

住所/石川県金沢市尾山町11-1

TEL/076-231-7210

「尾山神社」の詳細はこちら

尾山神社庭園

尾山神社庭園

金沢城の金谷御殿の名残りをとめる庭園。水は兼六園から暗渠によって低地に流下させサイホンの原理により再び流上させたもの。

\口コミ ピックアップ/

小さい庭園ですが、見応え十分。

このあたりで写真を撮っている人を良くみかけます。

奥の方にあるのでわかりにくいかもしれません。 尾山神社庭園

住所/石川県金沢市尾山町11-1

TEL/076-231-7210

「尾山神社庭園」の詳細はこちら

石川県立美術館

石川県立美術館

国宝仁清色絵雉香炉他、古九谷から再興九谷焼を含む古美術コレクション。また、石川県を中心とする近現代の美術と工芸作品。加賀藩前田家に伝わる文化財を展示する前田育徳会尊經閣文庫分館など。

\口コミ ピックアップ/

イベント満載、由緒ある美術館です。石川県は九谷の里、人間国宝も沢山います。九谷焼を含む伝統工芸展もよくあります。また、百万石の歴史もわかり、エジプト展とかいろいろとイベントがあるので、時々チェックして出かけます。 石川県立美術館

住所/石川県金沢市出羽町2-1

TEL/076-231-7580

「石川県立美術館」の詳細はこちら

武家屋敷跡野村家

武家屋敷跡野村家
1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。