ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

物想いの秋、大切な人と二人きりで訪れたい広島県のデートスポット20選!

物想いの秋、大切な人と二人きりで訪れたい広島県のデートスポット20選! 広島

涼風が物憂いしい気分を運んでくるこの季節は、素敵な恋人との時間をより大切にしたい…

じゃらん編集部では、そんな全ての恋人たちのために秋の広島県のデートスポットを厳選!

有数の紅葉名所のハイキング、歴史的な町並みの街歩きなど秋ならではの広島の景色が多数。

秋ならではの二人の時間を、存分に楽しんで。

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

千光寺公園展望台

千光寺公園展望台

尾道市街はもちろん、瀬戸内海の多島美が一望できる。天気の良い日には四国連山をも遠望できる。

\口コミ ピックアップ/

尾道水道を眼下に見下ろし、対岸の向島も間近に見えます。

昼は瀬戸内海の島々が海と空の中にあって、景色は最高です。

夜は向島の造船所のライトアップや尾道の夜景などが間近に見え、ロマンチックでオススメです。 千光寺公園展望台

住所/広島県尾道市東土堂町

TEL/0848-38-9184

「千光寺公園展望台」の詳細はこちら

広島三次ワイナリー

広島三次ワイナリー

ワイン製造工程が見学できるほか,ワイン無料試飲コーナー,物産館,バーベキューガーデン,喫茶店等がある。

\口コミ ピックアップ/

休日に行ってみました。尾道松江道の三良坂インターチェンジから一般道で行く方法もありました。とても賑わっており、付近の「トレッタみよし」販売店も繁盛していました。三次きんさいスタジアム(野球場)もあったりと、広島県三次市民のとても気分の高揚するエリアではないでしょうか。訪れた私も楽しくワクワクするスポットでした。購買意欲も湧き、色々おみやげを買ってしまいました。ワインやブドウジュースも試飲できます。ソフトクリームも人気でした。また立ち寄ってみたいです。 広島三次ワイナリー

住所/広島県三次市東酒屋町445-3

TEL/0824-64-0200

「広島三次ワイナリー」の詳細はこちら

竹原町並み保存地区

竹原町並み保存地区

江戸時代、塩田で栄えた当時の家並みが、よく保存されている、棒瓦葺き、意匠をこらした格子窓をもつ重厚な屋敷が軒を連ねる。

\口コミ ピックアップ/

酒蔵があったり、町屋があったりととても趣があります。

お好み焼き屋さんやカフェ、雑貨店などもあり、お散歩するのにはもってこいです。

竹原町並み保存地区の入口に道の駅には野菜など地元のものがいっぱいです。 竹原町並み保存地区

住所/広島県竹原市竹原町上市・下市

「竹原町並み保存地区」の詳細はこちら

アレイからすこじま

アレイからすこじま

国内で唯一潜水艦を間近で見られる場所。海上自衛隊の潜水艦と護衛艦がイカリを下ろしている。周りは旧海軍工廠のしこが建造物が並ぶレトロな雰囲気で、自由に散策を楽しめる公園。

\口コミ ピックアップ/

日本でここだけでしか見られない現役の潜水艦や、護衛艦が停泊する公園です。呉の中心から国道487号線を南へ。子規句碑前交差点で国道を離れ、右に入ってください。そのまま道なりに走って、コンビニが見えたら到着です。てつのくじら館も迫力ですが、現役の潜水艦が複数で水面に黒い頭を見せているその姿は、日常ではちょっと見ることのない独特の存在感です。護衛艦も数隻停泊していたりします。何がどれだけいるかはその日によって違うので悪しからず。 アレイからすこじま

住所/広島県呉市昭和町

TEL/0823-25-3309

「アレイからすこじま」の詳細はこちら

灰ヶ峰

灰ヶ峰

頂上からのパノラマ景観が美しく、呉のまちを一望できる。特に夜景は「中四国三大夜景」として広く知られている。光の筋が「くれ」と読めたカップルは結ばれるという伝説も残る。

\口コミ ピックアップ/

メインは何と言っても夜景でしょう!クネクネと坂道を約15分~20分程上った所に展望台があります!途中真っ暗な林道を登ります! 展望台に辿りつと呉市の夜景がとても綺麗です! 中四国3大夜景にも選ばれてました! 灰ヶ峰

住所/広島県呉市栃原町

TEL/0823-25-3309

「灰ヶ峰」の詳細はこちら

千光寺山ロープウェイ

千光寺山ロープウェイ
1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy