ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

物想いの秋、大切な人と二人きりで訪れたい山形県のデートスポット20選!

物想いの秋、大切な人と二人きりで訪れたい山形県のデートスポット20選! 山形

涼風が物憂いしい気分を運んでくるこの季節は、素敵な恋人との時間をより大切にしたい…

じゃらん編集部では、そんな全ての恋人たちのため秋の山形県のデートスポットを厳選!

豊かな自然をはじめ、珍しいクラゲの水族館、歴史的建造物など知識欲が高まるスポットが多数。

秋ならではの二人の時間を、存分に楽しんで。

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

腰掛庵

腰掛庵

明治時代の蔵をそのまま利用した和風の建物。名物は地元の酒と酒粕だけで生地を練り上げた醸まん。中身は甘さを抑えた質のいいこしあんで、ふかふかの生地を二つに割ると、深みのあるお酒の香りが広がる。地元でも人気のお店になっている。醸まん150円、栗名月1個240円。

\口コミ ピックアップ/

天童城跡の舞鶴公園の小山のすそのの住宅街にあり、古い蔵造りの建物がそのままお店になっています。こちらはわらび餅が人気です。お客さんは県外の遠いところからも多く来ているそうです。やわらかくてとろっとした食感の餅と、ほどよい苦味もあるおいしい黄粉の組み合わせは絶品でした 腰掛庵

住所/山形県天童市北目1-6-11

「腰掛庵」の詳細はこちら

霞城セントラル

霞城セントラル

2001年1月、生活情報・交流・教育・健康・ビジネス・交通関連の各施設が集まった複合ビル「霞城セントラル」がオープン。24階建ての館内にはホテルや飲食店、県の観光情報センター、6館からなるマルチコンプレックスシアターなど、様々な施設が入っている。最上階には空中回廊があり市内を一望できる。

\口コミ ピックアップ/

市内をある程度回った後、展望台に上りました。無料です!!

展望台からは山形市内が一望でき、全体像がよくわかりました。

天気が良かったので、月山もよく見えました。また霞城公園の大きさも、山形市の発展の様子もよくわかりました。

朝7:30から23時まで登れるので、次は夜景を見てみたいと思います。 霞城セントラル

住所/山形県山形市城南町1-16-1

「霞城セントラル」の詳細はこちら

さくらんぼ会館JA

さくらんぼ会館JA

年間通して色んなフルーツ狩りをご案内している。さくらんぼのテーマパーク、道の駅になっており駐車場も豊富、大型も止められる。各種イベントも行われるイベント広場、トルコ館、運動施設、芋煮広場もある。チェリーランドさがえではお食事やお土産品の購入もできる。

\口コミ ピックアップ/

とてもおいしいジェラートが手頃な値段で売っています。

スタンダードなものから他では食べられないような珍しいものまでたくさんの種類があるので選ぶときにいつも迷ってしまいます。 さくらんぼ会館JA

住所/山形県寒河江市大字八鍬字川原919-6

TEL/0237-86-1811

「さくらんぼ会館JA」の詳細はこちら

赤湯温泉

赤湯温泉

開湯910年余の山形の名湯。米沢牛・山菜料理・鯉料理が名物。フルーツ王国でさくらんぼ狩り、ぶどう狩り、りんご狩りが楽しめ、ワインやフルーツ菓子が特産。

\口コミ ピックアップ/

仙台からドライブをして、高畠ワイナリーに向かおうと、ふら~っと車で通ったときのあのブドウ畑の景色に感動!

調べると、近くに赤湯温泉があると、すぐ行きました!

さらに調べると、足湯も多く、穴場スポット的にいい感じです。

宿泊はしていませんが、お湯は硫黄系源泉。

近くにお肉屋さんや名物の赤湯ラーメン屋、もちろんぶどう狩りに、自分で取った葡萄でワイン作れます。

小規模でもワイナリーが点在し、高畠よりいい感じですよ!

困ったときに南陽市!って感じで、もう3.4回行ってます。 赤湯温泉

住所/山形県南陽市赤湯

「赤湯温泉」の詳細はこちら

山寺

山寺

松尾芭蕉も愛した静かで美しい景観の寺を訪ねる

\口コミ ピックアップ/

晴れた秋の日に出かけました。紅葉の時期だったので少し混雑していて、登りの道のりは、みんなで列をなしながら連なって歩く感じでした。頂上までの約1000段の階段は、日頃運動不足の私でも、景色を楽しみながら、ときどき休みながら登れば、さほど苦にならない程度の距離でした。自然を満喫できました。 山寺

住所/山形県山形市山寺4456

「山寺」の詳細はこちら

最上峡芭蕉ライン観光

最上峡芭蕉ライン観光
1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。