ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビール片手に海の絶景を拝む! 江の島の穴場ビアガーデン「えのすぱ」は正直教えたくない

f:id:Meshi2_IB:20160818205700j:plain

神奈川県の一大観光スポット、江の島にビアガーデンがあるんです。知ってましたか?

しらすをふんだんに使ったメニューに、江の島ビール、湘南サイダーを使ったモヒートと、湘南グルメをいただくことができます。

そして江の島のロケーションならでは、水平線に日が沈む絶景をビール片手に楽しめるのだとか。行ってきました!

関東の南国、江の島にスパがあるらしい

f:id:Meshi2_Writer:20160817184614j:plain

新宿から小田急線に乗り1時間ちょっと、最寄り駅の片瀬江ノ島駅に到着。そこからこの「江の島弁天橋」を渡って江の島に上陸します。

写真の中央部分にある洋風の建物……気になりますね。

f:id:Meshi2_Writer:20160817184708j:plain

この気になる建物こそ、ビアガーデンを開催している「江の島アイランドスパ(以降えのすぱ)」。

その名の通り、ここは温浴施設。裸で入る男女別の風呂に、水着で混浴のスパゾーンを備えています。

f:id:Meshi2_Writer:20160817184734j:plain

店内は「南国ラグジュアリー」と言いましょうか。江の島弁天橋を超えた流れで国境も超えた感があります。

こちらはフロント。最近の温浴施設で見かけるICチップで館内の会計を行うシステムを採用しており、そのICチップは下足の鍵、ロッカーの鍵を兼ねています。

フェイスタオル、バスタオル、館内着が料金に含まれています。受け取って3階のロッカールームへ向かいましょう。

どこも絶景のスパ

まずは水着に着替え、プールに行ってみました。

f:id:Meshi2_Writer:20160817184825j:plain

青い! 上を見上げれば空! 正面を見れば海と空! 斜め下を見ると海! 青すぎる!!!

2016年7月、スパエリア屋外にあるプールの改修工事が終了し、大露天プールとしてリニューアルしました。雲が流れるのをボケーっと、水中で揺らぎながら眺めるのは実に至福です。

f:id:Meshi2_Writer:20160817184841j:plain

露天泉の一つ下のフロアは洞窟泉。この絶妙な薄暗さがものすごく落ち着くんです。

写真奥の光に誘われ進んでいくと……。

f:id:Meshi2_Writer:20160817184906j:plain

露天泉に負けないロケーション! 洞窟泉にも絶景秘湯系のプールがあります。

プールの壁側は浅めに作られており、縁に頭を乗せれば指一本動かしたくなくなります。あー、ビール飲みてー。

f:id:Meshi2_Writer:20160817185007j:plain

洞窟泉のフロアにはサウナがあります。水着着用の男女混浴です。

1日に何回か、熱波を浴びて汗を出すアウフグースというアトラクションをおこなっています。

プールの水温は風呂よりぬるめなので、身体の冷えを感じたらここでガンガンに体温をあげましょう。

f:id:Meshi2_Writer:20160817185106j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy