ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【タベアルキスト】『稲花-ineca-食べる通信』黒小玉「ひとりじめBonBon」~ 『食べる通信』を食べてみる 7食目! 

f:id:tabearukist:20160820005255j:plain

こんにちは! メシ通レポーターのタベアルキスト Sudaです。

「『食べる通信を食べてみる』シリーズ。こだわりの食材と情報誌が届く、『食べる通信』を取り寄せ、どんな食材なのか実際に食べてみよう! という企画です。

『食べる通信』とは?

一般社団法人日本食べる通信リーグが全国展開している食材付き月刊情報誌。

会費制で、読者になると各地域における農水産物の生産者に焦点を当てた特集記事を掲載した冊子と、彼らが収穫した食物が毎月セットで届けられる。

第7回は『稲花-ineca-食べる通信』 黒小玉「ひとりじめBonBon」

今回は『稲花-ineca-食べる通信』をセレクトしてみました。

こちらは「稲花」とついていますが、新潟発の『食べる通信』です。

「米」だけではない新潟の様々な「農作物」と、「食を通して見えてくる。女性の生き方、家族のつながり」といったテーマを、女性編集長ならではの視点で取材されています。

f:id:tabearukist:20160820005411j:plain

今回の食材

今号の特集は夏の果物「スイカ」。

新潟市西蒲区越前浜のスイカ農家である小林竜典さんが作った「ひとりじめBonBon」という変わった名前のスイカが届きました。

こだわり食材:「ひとりじめBonBon」

黒皮の小玉スイカ。といっても真っ黒というわけでなく縞の薄い濃い緑色でした。中の実は鮮やかな赤色で、割ったときのコントラストが美しいです。

小玉ならではの密な甘さと、シャリッとした食感が特徴です。

スイカづくしを楽しむ!

今回の『稲花-ineca-食べる通信』には、今回とくにレシピの掲載はありませんでした。たしかにスイカは切ってそのまま食べるのが一番美味しいですね。

でもそれだけじゃ面白くない! と食べ歩きの経験を活用して、今回はさまざまなお料理に仕立ててみました!

f:id:tabearukist:20160820005537j:plain

材料一式。サラダ、パスタ、スープ、ピクルス、グラニテ、などを作ってみたいと思います。

f:id:tabearukist:20160820005609j:plain f:id:tabearukist:20160820005901j:plain

まずはスイカをカットします。

大きさや形はお好みで。スプーンでほじくってしまってもかまいません。

f:id:tabearukist:20160820005952j:plain

種は食感の邪魔になるので取ってしまいましょう。

たこ焼き用のピックが種取りに便利でした。意外な発見!

f:id:tabearukist:20160820010024j:plain

カットしたスイカの半分はミキサーでジュースにします。

このジュースはスープとデザートのベースになります。

f:id:tabearukist:20160820010053j:plain

ジュースの半分に甘酒を加え冷凍庫で凍らせます。

f:id:tabearukist:20160820010234j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。