山手線で大々的に展開した『デレステ』広告を振り返る

access_time create folderゲーム

秋葉原駅

山手線を利用しているとホームでよく目にした、アイドルたちの広告。バンダイナムコエンターテインメントのゲームアプリ『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」(通称:デレステ)の広告でしたが、この広告が山手線の駅ホーム各所で見られ、かなりの頻度で張り替えられているということでユーザーに話題になりました。筆者もこの広告に注目して、山手線の各駅を回って看板を撮影したユーザーの1人。どの駅で、どんなアイドルたちがきらめき輝いていたのか、筆者の主観を交えたキャラクター紹介と共に振り返ってみます。

秋葉原駅・神田駅(どちらも京浜東北線1番線)

神田駅

メンバー:
[咲いてJewel]鷺沢文香+(Sレア+)
[咲いてJewel]二宮飛鳥+(Sレア+)

秋葉原駅の広告は真ん中が鷺沢文香ちゃん、左側が塩見周子ちゃん、右側が速水奏ちゃんで、神田駅の広告は左が二宮飛鳥ちゃん、右側が橘ありすちゃんとなっています。この2駅の広告を合わせると、ゲームイベント“咲いてJewel”で結成されたユニット“CAERULA(カエルラ)”になります。「CAERULA」はラテン語で青色を意味していて、まさにクールな雰囲気にピッタリなユニット名となっていますね。

ユニット曲の『咲いてJewel』は、出だしはミステリアスな雰囲気の曲調ですがサビは疾走感があって盛り上がる曲となっており、クール属性な5人にはピッタリな曲に仕上がっています。また、5人のユニット曲やカバー曲が収録されたCDも発売もされています。

アイドルマスター|THE [email protected] CINDERELLA MASTER Cool jewelries! 003
http://columbia.jp/idolmaster/COCX-39653.html[リンク]

東京駅(京浜東北線3番線)

03_1 03_2

メンバー:
[スターティングデイズ]乙倉悠貴(SSレア+)
[束ねた気持ち]相葉夕美+(SSレア+)

東京駅では乙倉悠貴ちゃんと相葉夕美ちゃんの2人がいました。乙倉悠貴ちゃんは中学1年生にして身長164cm! という高めの身長が特徴で、可愛いものが好きだけどボーイッシュで、運動が大好きという子です。ジュニアアイドルを務めた経歴と、持ち前の運動神経を活かして皆さんに元気とハイタッチを届けてくれる、そんなアイドルです。

相葉夕美ちゃんはお花が大好きな、“シンデレラガールズ”の“パッション属性”では珍しい? 正統派アイドルです。ガーデニングが趣味ということもあってお花に詳しかったり、衣装にはお花をモチーフにしたきれいなドレスを身にまとってライブを行います。明るく元気な子ですが誘惑的で小悪魔な部分もあり、そこもまたお花みたいな女の子、それが相葉夕美ちゃんです。

03_3

東京駅の広告はサイズが大きいので、2枚の画像を合わせるとなかなか壮観でした。

新橋駅(京浜東北線3番線)・田町駅(京浜東北線1番線)

04 05

メンバー:
[サマカニ!!]川島瑞樹+(Sレア+)
[サマカニ!!]日野茜+(Sレア+)

新橋駅の広告は真ん中が川島瑞樹さん、左が難波笑美ちゃん、右が上田鈴帆ちゃんで、田町駅の広告は左が日野茜ちゃん、右が堀裕子ちゃんでした。この2駅の広告を合わせると、ゲームイベント“LIVE Groove Visual burst”で結成された“サマプリ”というユニットになります。

5人共かなりの特徴的な女の子が、正統派のアイドルとして完璧なパフォーマンスをしたら面白いでしょ! という目的で結成されたユニット、それが“サマプリ”です。サマーをもっとアツくするプリンセスたち……。そんな“サマプリ”は、『サマカニ!!』という曲を歌っています。軽快で夏が楽しくなるような、まさに“サマプリ”にぴったりな楽曲。まだ結成間もないのでCD収録はまだのようですが、待ち遠しいですね!

品川駅(山手線1番線)

06

メンバー:
[なまけものフェアリー]双葉杏+(SSレア+)

品川駅では双葉杏ちゃんが両手を広げ天使のような笑顔でお迎えしてくれました。双葉杏ちゃんは「休みたい」「働きたくない」が口癖のニート系のアイドルで、将来印税で楽して一生を暮らす野望を抱えている、とてもミニマム(139cm!)な17歳の女の子です。アニメなどでは要所要所をまとめていたり、年下の子に的確なアドバイスをしたり、一発で仕事を成功させるほうが結果として楽になるならそのための努力は惜しまないなど、ニートアイドルにしてはかなりしっかりした女の子です。

1 2 3次のページ
access_time create folderゲーム
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧