ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第15回「スウェーデン・ストックホルムで過ごす大人の休日」

ドイツ在住、TABIZINEライターの赤松春奈です。あなたは海外一人旅をしたことがありますか? 自分の予定が空いたときにふらりと行けて、誰に気兼ねすることなく自分の好きなことだけして気ままに過ごせる一人旅。この連載では、海外一人旅初心者の女性にもおすすめの旅先をご紹介していきます。

■あわせて読みたい 【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?
第10回「ヨーロッパ最古の王国・スコットランドを訪ねて」
第11回「冒険とリラックスが両立する心地良い国・ベルギー」
第12回「ポーランドで中世の街と可愛い陶器に出会う」
第13回「心豊かに生きる秘訣がここに、フランス・アルザス地方」
第14回「おとぎの国・チェコで世界一美しい街並みに出会う」

一人旅初心者にもおすすめの行き先をご紹介する連載第15弾。今回おすすめする旅先は、スウェーデンの首都、ストックホルムです。

ストックホルムが海外一人旅におすすめなワケ

【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第15 回「水の都ストックホルムで過ごす洗練された大人の休日」

世界的にも治安のいいことで知られるスウェーデンは女性一人でも安心して旅行ができる国。
首都のストックホルムは、中世の面影を残す街並みや洗練された北欧デザインなど、女性の心をつかむ魅力がぎっしりと詰まっています。

都会的な雰囲気がありながらも自然と調和した緑豊かなストックホルムは、大人の休日にぴったりです。

【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第15 回「水の都ストックホルムで過ごす洗練された大人の休日」

水の都・ストックホルム

【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第15 回「水の都ストックホルムで過ごす洗練された大人の休日」

「水の都」「北欧のヴェネツィア」などと称されるスウェーデンの首都・ストックホルムは北欧最大の都市。ジブリ映画「魔女の宅急便」の舞台としても知られるロマンチックな街並みが世界中の旅行者を惹きつけてやみません。

【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第15 回「水の都ストックホルムで過ごす洗練された大人の休日」

ストックホルムの街は14の島からなっていて、エリアごとに印象が異なる多様性も魅力です。

旧市街ガムラ・スタン

【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第15 回「水の都ストックホルムで過ごす洗練された大人の休日」

ストックホルムきっての観光エリアが、ストックホルム発祥の地といわれるガムラ・スタン。運河に囲まれた島に13世紀につくられた街で、中世の建造物が数多く残る街並みはクラシカルなムードたっぷりです。ヨーロッパのなかでも中世の街並みを最もよく保存している街のひとつに数えられており、街全体がさながら博物館のよう。

【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第15 回「水の都ストックホルムで過ごす洗練された大人の休日」

カラフルな建物や狭い路地はまさに、「魔女の宅急便」の世界。物語の世界を思わせる可愛らしい街並みに心躍らせずにはいられません。

■あわせて読みたい 【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?
第1回「タイのバンコクで3つのハッピーを味わう旅」
第2回「台湾の魅力がギュっと詰まった街、台北」
第3回「一人で気ままに歩きたい街ロンドン」

【ガムラ・スタンの見どころ1】大広場

【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第15 回「水の都ストックホルムで過ごす洗練された大人の休日」

ガムラ・スタンの中心が色鮮やかな建物が連なる大広場。大広場を中心に広がる狭い路地にはカフェやレストラン、ショップが軒を連ねていて、見てまわるだけでも十分楽しめます。

【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第15 回「水の都ストックホルムで過ごす洗練された大人の休日」

かわいらしいカフェで一休みするのもおすすめ。

【ガムラ・スタンの見どころ2】王宮

【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第15 回「水の都ストックホルムで過ごす洗練された大人の休日」

ガムラ・スタンのハイライトのひとつが重厚感漂う王宮。スウェーデン国王の公邸として、王室の公式行事や執務に使用されていた建物で、現在残っているのは18世紀半ばに建てられたバロック様式のもの。部屋の数はなんと600以上というヨーロッパ最大級の規模を誇ります。

【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第15 回「水の都ストックホルムで過ごす洗練された大人の休日」
1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。