体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

思い切り楽しもう!小学4年生、5年生、6年向け自由研究のススメ

思い切り楽しもう!小学4年生、5年生、6年向け自由研究のススメ

小学校中学年以降になると、子どもの個性が際立ち、向き不向きもはっきり分かるようになります。自分にとっての「楽しい・楽しくない」を子ども自身が自覚し、楽しいことには驚くほどの集中力・観察力を見せてくれる年代です。

そんな時期の夏休みの自由研究は、子どもの学習意欲をぐっと伸ばすチャンス!せっかくの夏休み、子どもにとって自由研究を「イヤイヤ片付ける宿題」ではなく、「思い切り楽しめるもの」にしてあげませんか?

【1】自由研究のテーマを探してみよう

自由研究で最初につまずきやすいのが「テーマ選び」です。あまり難しくなくて、それほど時間もかからず、おもしろそうで、見栄えのいいもの…と考えがちですが、悩み始めるとキリがなくなってきますね。

お子さまの好きな教科で何ができるか考えてみよう!

テーマ選びでまずおすすめしたいのは、お子さま自身が好きな教科を選び、「どこが好きなのか」を整理してみることです。

考えの整理には保護者の手助けが必要かもしれません。各教科の好きなところや苦手なところを聞き、書き出しながらまとめていきましょう。こうしてお子さまの好みや適性をはっきりと知ることが、テーマ選びの第一歩です。

出かけてみよう!遊べて学べる博物館やイベントでネタ探し

夏休みのレジャーには、遊びながら学ぶ機会がいっぱいです。キャンプであれば炭での火起こし、博物館であれば太古の歴史など、楽しみながら新しい知識を吸収するチャンスにあふれています。

さらに、夏休みに各地で開催される子ども向けのイベントは、体験がそのまま自由研究になるような企画も豊富です。お子さまと一緒に「どこに行こうか?」とパンフレットを見比べながら、ついでにネタ探しをしてみるのもよいでしょう。

【2】小学4年生におすすめの自由研究はこれだ!

4年生は、ハーフ成人式といわれる10歳をむかえ、社会や世界への興味がうまれ始めている頃です。また、何かにつけて親に「○○しなさい」といわれることには反発を覚え始める時期でもあります。ですから無理強いはせず、好奇心を伸ばしてあげましょう!

理科

・昆虫採集、植物採集

昆虫や植物が好きなお子さまならば、楽しんでできる自由研究の代表格です。美しく標本化して、採取した時期や場所、形状や大きさ、色などで分類してみましょう。思わぬ関連性が見つかることもあります。

・家族や親戚の血液型調査

性格占いなどに使われることの多い血液型ですが、実は純粋な遺伝の法則に従っています。自分や兄弟姉妹の血液型からさかのぼって、ご両親やその兄弟姉妹、祖父母の血液型を調べてみませんか?「メンデルの遺伝法則」を勉強するのは中学校に入ってからですが、この調査を通じて学ぶこともできるでしょう。

社会

・街の「気になる」を調査

社会学や民俗学・考古学を支えるのは「フィールドワーク」です。研究する場所を実際に訪れ、小さな疑問や気付きを周辺への聞き込みや図書館・インターネット検索などで調べ、レポートにまとめてみましょう。意外な歴史を学ぶこともできるでしょう。例えば、「どうしてこの道だけ大きくカーブしているんだろう?」と思って調べてみると、大昔の埋立地の境界線であったり、都市開発がなされた時期が大きく違っていたりします。

・駅マップ作り

電車が好きなお子さまであれば、駅や路線について調べてみてはいかがでしょうか。例えば、「長いエスカレーターのある駅」「トイレが綺麗な駅」「電車が発車する時のメロディー」など、駅や電車についてのちょっと細かい知識をテーマ別に調査してみるのです。さまざまな駅に足を運んで調査することで達成感もうまれます。そして、手作りの駅マップを完成させましょう。

図工

・ダンボールや発泡スチロールを使った工作

カッターナイフやニクロムヒーターなど、少々危ないと思われる道具を使っての工作も、10歳を過ぎればほぼ使いこなせるようになっているでしょう。市販の工作キットもおすすめですが、本やインターネットで入手できるペーパークラフトやダンボールクラフトの設計図を使用して自作するのもよいでしょう。材料選びや道具探しから始めるため「1から作る」醍醐味があります。

・デコパージュ・ポーセラーツ

布や木・ガラスなどに、専用の糊で薄い布やペーパーナプキンを貼り付けてデコレーションするのが「デコパージュ」です。100円ショップでほとんどの材料が揃うこと、シンプルなガラスビンなどを簡単にアレンジできることから、大人の女性にも人気です。お子さまでも楽しんで取り組めるでしょう。また、デコパージュと似ているのが白い陶器に専用のシートを切り貼りしてデコレーションし、専用の釜で焼き付けてオリジナルの食器を作る「ポーセラーツ」です。全国に教室があるので、もし近くで体験イベントがあれば、お子さまと一緒に参加してみてはいかがでしょうか。

【3】楽しく学べる!小学5年生向けの自由研究

小学校高学年になると、手先の器用さも大人並みになりますね。少々難しい課題も、本人の興味次第でぐんとクオリティが上がるものです!

理科

・ロボット作り

小学生でも作れる、はんだごてを使わないロボットキットがあります。組み立て説明書をじっくりと読み、ヤスリがけやネジ止めなどの細かい作業を丁寧にこなせば1日程度で完成します。完成後はロボットの仕組みや役割、実際にどのような場所でロボットが使われているかなどをまとめてみるとよいでしょう。

・天体観測

本や図鑑で読んで知っているつもりでも、実際に体験する機会になかなか恵まれないのが「天体」です。家庭用の天体望遠鏡で月を観測したり、野山で満点の星空を観たりするなど、「本物を目で観る」機会を作ってみませんか?望遠鏡は子ども向けの安価なものではなく、大人が使うような本格的なものを与えてもよいでしょう。本格的なものを使うからこそ、興味の幅も学びの幅も一段と広がっていくことがあります。

社会

・世界の国旗調べ

国旗のデザインには国の歴史が凝縮されています。日本やアメリカなど馴染み深いデザインの国旗はもちろん、日頃見かけない国旗にも注目してみましょう。オリンピックなどで世界のニュースに触れる機会の多い夏休みに、地理の勉強にもなりますね。欧州に多い3色旗の意味や、武器や動物のモチーフが描かれている意味…など、さまざまな点からの調査が可能です。国旗はとても数が多いので、まずはお子さま自身が「行ってみたい国」「国旗のデザインがかっこいいと思った国」などをいくつかピックアップして調べてみるとよいでしょう。

1 2次のページ
スタディサプリ保護者版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。