ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これで安心!自由研究の進め方

これで安心!自由研究の進め方

「自由研究をはじめるにも、どこから手をつければいいかわからない!」という方も多いでしょう。そこで、ここでは自由研究を具体的にどのように取り組むべきかをご紹介します。

どんな研究にする?まずは計画を立ててみよう!

自由研究をはじめるにあたって、まずはテーマを決めるところからはじめましょう!ただ、急に「自由研究のテーマを考えよう」といっても、なかなかいいアイディアはでてきませんよね。そこで、テーマを考える際は次のようなことからヒントを探してみましょう。

とにかくお子さまが好きなことを!

習い事やクラブ活動に限らず、とにかく自分が大好きなことに目を向けてみましょう。好きなことであれば何時間取り組んでいても苦にならないうえに、大人でも気づかなかったような発見ができるかもしれません!

ここで重要なのが、「こんなテーマじゃ先生は認めてくれないだろう」と思うことです。どんなテーマでも、掘り下げれば立派な学問になります。例えば「AKBメンバーのテレビ出演回数と、総選挙での順位の関係性」という自由研究をおこなった人もいました!

このように、「これは学校の勉強とは関係なさそうだから」といってそうそうに諦めてはいけません。あなたが大好きなことをどのようにして研究にできるかを考えましょう。

・自分に関係のある身近なものに注目してみる

普段から身のまわりにあることに、改めて注目してみるのもオススメです。日常生活のなかではなかなか気づきませんが、ちょっと意識してみるだけで世の中のいろいろな不思議が見えてきます。

例えば「なんで登校中と下校中では町のニオイが変わるんだろう?」という疑問から、町のニオイについての研究をした人もいました。それ以外にも「うちのお母さんは夕飯の支度に何時間かけているか」という研究をした人もいるように、テーマはあちらこちらに転がっています。

・遊びのなかからテーマをみつける

学校で流行っている遊びなどの攻略法を考えるのも非常におもしろいテーマとなります。例えば「学校で鬼ごっこをするときにみんなが隠れる場所の地図」というテーマなら、みんなで遊びながら自由研究ができるのでこのうえなく楽しく過ごせますね。また、このときにこれまでは気づかなかった隠れ場所を発見したりすることもできます。

研究に必要なものを準備しよう!

テーマを決めたら、次は研究に必要なものを揃えましょう。

まずは一番手っ取り早いのが、先生に聞くことです。そのとき、一緒にテーマの相談もするといいかもしれません!先生に自分が研究したいテーマを伝えて、具体的にどのようなものが必要になってくるのかを教えてもらいましょう。先生以外では、おうちのかたなどの身近な大人に聞いてみるのもいいでしょう。

また自分で計画を立てる場合は、まずどんな研究結果になるのかを具体的にイメージしてみるといいかもしれません。例えば観察日記であれば、目に見える変化だけではなく温度なども測る必要があるのかといったことを、WEBサイトや本を参考にしながら考えましょう。

どのくらい時間がかかるか予測しよう!

研究のイメージがついたら、どれくらいの時間が必要かを予測してみましょう。これも先生やおうちのかたに相談するのが一番ですが、自分でもある程度の目安くらいは考えておきましょう。

例えば観察日記はできるかぎり期間を長くしたほうがよいものが書けるので、理想をいえば3週間くらいは続けたいものです。工作は3日ほどを目処に考えればいいかと思いますが、なにかトラブルが起きたことのことを考えて予備日を2日ほど計算にいれておきましょう。実験は1日で終わることが多いのですが、それまでの準備に1週間ほど費やしたほうがいいものができます。

選んだテーマで自由研究スタート!

これで安心!自由研究の進め方

テーマと準備がととのったら、いよいよ研究にとりかかりましょう!ここではテーマ別に、実際に自由研究をするときに気をつけたいことをまとめておきます。

実験

ポイント①:検証したいことは1つにしぼる

実験をするときに一番気をつけたいのが、「検証したいことを1つにしぼる」ということです。例えば「卵は茹で時間でどのように変化するのか」というテーマであれば、検証したいのは「時間」です。ここで茹でるお湯の温度を毎回変えてしまうと、時間によって結果が変わったのか、温度によって結果が変わったのかがわからなくなってしまいますよね?

使う卵とお湯の温度は毎回同じにして、茹でる時間のみを変えてください。その後、もしお湯の温度によってどのような変化があわられるのかを研究したい場合は、今度は茹でる時間をすべて同じにすることで、「温度の変化」だけでどのような結果がでるのかを調べましょう。

ポイント②:何回やっても同じ結果になるか試してみる

また実験においてもうひとつ大切なことは、同じ実験を何回も繰り返すことです。例えば1回成功したとしても、それは偶然そうなっただけで、同じ条件でもう一回やったら全然ちがう結果になるということもあります。何回も同じ条件でやってみて、それでも毎回結果が同じであれば、その結果は正しいということになります。

ポイント③:安全には気をつける

実験で火などのキケンなものを使う場合は、おうちのかたが一緒にいるときにやりましょう。また実験で使った食べ物などは絶対に食べないでください。塩や石けんなどの身近にあるものでも、実は目や口に入ったらすごくキケンなので、実験が終わったらおうちのかたと注意をはらいながらキレイに片付けましょう。

観察

ポイント①:毎日つづけよう

観察はとにかく毎日つづけられるかどうかが成功のカギです。毎日同じ時間に記録するというのは、実はとても難しいことですが、すごく重要なことでもあります。「1日忘れちゃったけど、まぁ〜いいや」と言っているうちにそれが習慣になってしまい、結局ほとんど記録をつけなかったという人は非常に多いので、毎日やっても全然大変じゃないくらいのものを選びましょう。

ポイント②:関係のなさそうなことも記録しておく

観察をはじめる前に、どんな内容を毎日記録していくのかを決めておきましょう。ここでのポイントは、「一見関係なさそうなことでも記録しておく」ということです。最初は意味がないと思っていても、こうした情報が実はとんでもない発見につながることもあるので、できるかぎり多くの情報を毎日記録するようにしましょう。

例えば植物の観察なら天気や温度以外にも湿度の情報もあるとおもしろいかもしれません。町の人々の観察なら、曜日や近所のお祭りなどのイベントも一緒に記録しておくようにしましょう。

1 2次のページ
スタディサプリ保護者版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy