ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『AI人工知能研究者』ってどんな仕事?【気になるカタカナ系職業を突撃取材!】

このコーナーでは憧れるけど謎すぎる、カタカナ文字の職業をご紹介!

今年になって、ニュースなどで見たり聞いたりすることの多くなったAI。今さら、何のことなのか聞けない人も多いと思います!「将棋の羽生さんとAIが対戦した」「将来AIにとって代わられる職業上位◯位」…など、人間が開発したものなのに、私たちを越えるってどういうこと?!というような感覚になっている人も?!でも、それが何なのか、どういう価値があって注目されているのかを知ると、すごーく面白い!

3回目にインタビューさせて頂いたのはAI研究者の松田さん!お話もとっても分かりやすいので文系の高校生でもAIに興味を持つことを期待して…では、インタビューにうつります。

プロフィール

松田雄馬さん:2007年京都大学・同大学院情報学研究科修士課程修了後、東北大学大学院博士課程修了。大手電気メーカー研究所にて、無線通信の研究を通して香港にて現地企業との共同研究に従事。その後、大学と共同で、脳型コンピュータの研究を立ち上げる。教えられたことしかできない不憫なコンピュータに、自分で考えて判断できる機能(AI:人工知能)を与えるべく、日々奮闘中。

尊敬する人:墨子(中国の思想家)

—まず、松田さんの“AI研究者”というお仕事について、高校生が分かるように教えて頂けますか?

AI研究者といっても幅広いのですが、私はロボットの目の研究をしています。

—「ロボットの目を研究する」ってとても未来っぽくて興味が沸きますが、実は全然わからないかも…笑。具体的にはどういうことですか?!」

そうですね、まず、AIの説明から。AIは、Aritificial Interlligenceの略なので、人工知能と訳されますね。ニューラルネットワークという、人間の脳のようなコンピューター(プログラム)をつくると、それが自分で学習するということが分かってきたんです。

—今までのコンピューターと何が違うんですか?

プログラムというのは、「Aという事象が発生したらBせよ」といったパターンの命令を人間がひとつひとつコンピュータに対して書いて教えてあげることを言うのですが、人工知能(AI)は、人間が与えたデータを学習すると、「Aという事象が発生した場合にはBするのが最適だ」という判断を、コンピュータが自ら行うことができるのです。

—スゴイ!!なるほど。AIが何かは何となく輪郭がつかめました。

—ちなみに、新聞やニュースで1日1回くらいAIって聞きますけど、どうしてこんなに注目されているんですか?

囲碁や将棋で人間と対戦するAIが、プロ棋士に勝てるようなレベルに達したことが大きいです。他にも、クイズを解いたり、大学の入試問題を解いたりするAIがニュースになっていますよね。

つまり、囲碁や将棋などを行うAIが人間を越えるレベルの精度や能力を持ったので、「このまま技術が進むと、非常に多くの分野で、人間にできないことができるようになるのではないか」という期待感から、様々なビジネスで注目されているのです。

例えば、レントゲンからガンの発見をするのに、もしかしたらAIがチェックしたほうが精度が高いのではないかということです。医療業界、それから車メーカー、ゲーム業界、あらゆる業界から注目されています。

—すごく良く理解できました。松田さんは、大学を卒業してすぐにAI研究者になったのですか?!

いえ、2009年に当時NECという会社の研究所で働いていたので、そこで自分で、会社に提案してはじめました。当時、AIはあまり注目されていなかったのですが、一方で、人間の脳の研究が進んでいたんですね。そうした研究に学びながら「脳ってそもそも何なんだ」ということを突き詰めていきました。脳は、視覚や聴覚といった、外から入ってくる情報を処理しているところなのですが、その入ってくる情報の1つである視覚情報の処理、すなわち「ものを見るってどういうこと?」という謎に注目して、研究しています。「ものを見る」というと簡単そうですが、実は、現状の技術では、ロボットは、目の前のコップも、机も、椅子も認識することができないんです。「認識とは何か?」「意識とは何か?」こういった問題は、最新の脳科学でも、まだまだ理解が進んでいない領域です。

—高校生の中に、研究者になりたいと思っている人もいると思うのですが具体的な研究内容を見せてもらえたりしますか?

はい。私が開発したAIが、1枚の衛星写真から(目視では見えない)飛行機をみつけたという研究をご紹介しますね。

これは、NP(国家プロジェクト)と言って、NECが政府と共同で行っていた研究プロジェクトに関係するものなのですが、「1枚しか衛星写真がないという条件で、写真から飛行機がどこにいるか、取り出せないだろうか?」というテーマがありました。飛行機を認識するためには、通常、何百枚も色んな角度から撮った写真を用意して、そこからパターンを作り飛行機の在処を特定するという処理が必要になるのですが、私たちの開発したAIは、一枚の写真を用意するだけで、飛行機を認識できるようなったという研究成果が得られました。

1 2次のページ
スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy