体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【カモフラ飯】意識の高いビジネスパーソンは、鉄アレイで糖分を補給する

f:id:Meshi2_Writer:20160801155547j:plain

タイム・イズ・マネー。

意識の高いビジネスパーソンは常に時間と競い合い、より効率的なモノを求めている。「24時間戦えますか?」の精神は、21世紀でも健在だ。中でも、食事をいかに手軽に、かつスピーディーに行えるかがポイントとなる。

そこでオススメしたいのが、他人にバレることなくビジネスシーンに食事を取り入れる「カモフラ飯」だ。

本企画では、自称・日本一インターネットで顔写真が使われているフリー素材モデルの大川竜弥氏が、意識の高いビジネスパーソンであれば誰しも取り入れたくなる「カモフラ飯」を紹介する。

鉄アレイで「カモフラ飯」

今回紹介する「カモフラ飯」は、鉄アレイを利用した糖分補給だ。

アメリカのトップ企業で働くエグゼクティブは、出勤前にフィットネスジムへ行き、ウエイトトレーニングやトレッドミルで汗を流してから、オフィスに向かうという。

意識の高いビジネスパーソンは、常にベストコンディションを維持しなければならない。鉄アレイを利用した「カモフラ飯」は肉体を鍛え、同時に脳とカラダを働かせる糖分が補給できる、一石二鳥の朝活なのだ。

まずは、こちらの写真をご覧いただきたい。

f:id:Meshi2_Writer:20160801154237j:plain

一見、オフィスの屋上でダンベルカールを行い、上腕二頭筋を鍛えるビジネスパーソンだが……。鉄アレイに注目してほしい。

f:id:Meshi2_Writer:20160801154256j:plain

おはぎだ! 鉄アレイの重り部分が巨大なおはぎになっている!

おはぎ鉄アレイのメリットは、自分で重量を調整できること。なおかつ、オフィスの屋上であれば、他の社員に見つかる可能性はゼロに等しい。

ちなみに、写真のおはぎ鉄アレイは約4キロである。

おはぎ鉄アレイを作る

からくりを紹介しよう。

f:id:Meshi2_Writer:20160801155648j:plain

あんこ(つぶあん) もち米 割り箸 各種調理器具 日本刀の鞘(この後登場します)

f:id:Meshi2_Writer:20160801154315j:plain

もち米を研ぎ、約30分間水に浸し炊飯器のスイッチを入れる。

f:id:Meshi2_Writer:20160801154333j:plain

おはぎ鉄アレイのグリップパーツはお好みで構わないが、今回は日本刀の鞘を利用した。もちろん、真剣ではなく模造刀である。

f:id:Meshi2_Writer:20160801154415j:plain

鞘を適当な長さにカットして……。

f:id:Meshi2_Writer:20160801154443j:plain

おはぎに入れやすいように、先端を加工すれば完成だ。中に割り箸を数本詰めれば、強く握っても鞘が潰れる心配はない。

f:id:Meshi2_Writer:20160801154533j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。