ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夏休みに家族旅行で行きたい鎌倉のおすすめ20スポット!

夏休みに家族旅行で行きたい鎌倉のおすすめ20スポット! 鎌倉

夏休みの家族旅行はもう決まった?

家族みんなが楽しめる鎌倉の厳選20スポットをご紹介!

お寺や公園など、歴史を感じたり自然を満喫できる鎌倉ならではの魅力がいっぱい。

旅行先が決まってないなら、この記事を参考にこの夏の思い出作りを計画しよう!

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

極楽寺がらす工房

極楽寺がらす工房

子供の勉強にピッタリ!溶けたガラスのまわし方など自分でしっかりと吹きガラス体験ができる♪自分だけのオリジナルグラスを作って夏休みの大切な思い出に!

\口コミ ピックアップ/

グラスを作って来ました。とても親切に教えてくれて頂きました。難しい所は手伝ってもらいましたが、1人で出きるところは頑張って作ったので、とても満足のいく物になりました。また、違う物も作ってみたいです。ありがとうございました。 極楽寺がらす工房

住所/神奈川県鎌倉市極楽寺2-10-14

TEL/0467-23-5208

「極楽寺がらす工房」の詳細はこちら

鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮

歴史を身近に体感できる、由緒正しき鶴岡八幡宮。いつ行っても気持ちが落ち着く雰囲気は家族みんなで行っても楽しめます。自然が多く、野生動物と遭遇できる場所では子供も大喜び。

\口コミ ピックアップ/

鎌倉といえばの名所です。鎌倉時代の建物は、京都の繊細な感じとは趣が違い、時代の違いで建物の印象もずいぶん違うものだなぁと実感できる場所だと思います。

鎌倉駅から鶴岡八幡宮へ至る道、小町通りにはお土産物屋さんやカフェなどたくさんありますので、ぶらぶら散歩と観光を楽しむのに良い場所だと思います。 鶴岡八幡宮

住所/神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31

TEL/0467-22-0315

「鶴岡八幡宮」の詳細はこちら

長谷寺(長谷観音)

長谷寺(長谷観音)

日本最大級の木彫仏である本尊の十一面観音菩薩は圧巻の迫力!鎌倉に来たら必ず見ておきたい寺のひとつ。また、癒されると評判の和み地蔵は写真スポットとしても◎

\口コミ ピックアップ/

鎌倉へ行ったら行っておきたいお寺でした。境内が広々していて、季節の花があちこちにあって季節ごとに楽しめそうでした。上の方に上っていくと海が一望できて素晴らしい眺めでした。 長谷寺(長谷観音)

住所/神奈川県鎌倉市長谷3-11-2

TEL/0467-22-6300

「長谷寺(長谷観音)」の詳細はこちら

高徳院(鎌倉大仏)

高徳院(鎌倉大仏)

鎌倉の大仏と言えば、ここ!高徳院にある穏やかなお顔が有名な大仏さま。大人も子供も歴史を感じる良い経験になること間違いなし♪大仏さまの中に入ってエネルギーを感じてみては?

\口コミ ピックアップ/

青空のもとに鎮座する大仏様の存在感が半端ないです。大仏様の中にはいって登ることもできますよ。こんな機会はなかなか無いので是非登って下さい。 高徳院(鎌倉大仏)

住所/神奈川県鎌倉市長谷4-2-28

TEL/0467-22-0703

「高徳院(鎌倉大仏)」の詳細はこちら

大船観音

大船観音

駅から歩いてすぐという好立地にある大船観音。いざ目の前でご対面すると、その大きさに圧倒されることも!観音様の胎内に入れるのも嬉しいポイント♪

\口コミ ピックアップ/

大船駅から歩いてすぐです。

真っ白な観音様はどこか神々しく、その大きさに圧倒されます。

ちなみに電車からも見れます。遠くから見るのもまたいいです。 大船観音

住所/神奈川県鎌倉市岡本1-5-3

TEL/0467-43-1561

「大船観音」の詳細はこちら

鎌倉宮

鎌倉宮

静かな住宅街の中にひっそりとある鎌倉宮。お寺の中をゆっくりと散策して自然や空気に触れて心を癒されてみては?季節ごとにいろいろな花木を楽しめるのも魅力的。

\口コミ ピックアップ/

誰といついってもおだやかな気持ちにさせてくれる場所。広くて気持ちがよい。土日は混んでいますが、平日ならそこそこです。外国の方もたくさんいらっしゃいます。雨を防げる場所が少ないので晴れた日がおすすめです。 鎌倉宮

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。