ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【東京】夏の一人旅、おすすめ観光スポット20選!そうだ、旅に出よう。

【東京】夏の一人旅、おすすめ観光スポット20選!そうだ、旅に出よう。 東京

輝く太陽、青い空が広がる真夏は、旅にでかけたくなる季節。

「どこかへ行きたい!」と思い立ったら、すぐに出かけてみませんか?

そんな貴女におすすめしたい【東京】ならではの一人旅スポットをご紹介。

日本を代表する歴史的建造物や、Tokyoカルチャーを代表するランドマークなど…

忙しい毎日ではなかなか出来ない貴重な体験が見つかるはず。

気ままな女一人旅も夏ならでは。思いっきり楽しもう!

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

記事配信:じゃらんニュース

三鷹の森ジブリ美術館(三鷹市立アニメーション美術館)

170810_三鷹の森ジブリ美術館出典:じゃらん 観光ガイド 三鷹の森ジブリ美術館(三鷹市立アニメーション美術館)

三鷹市立アニメーション美術館(三鷹の森ジブリ美術館)は、日本初のアニメーション美術館として、徳間書店スタジオジブリ事業部(当時)と三鷹市の美術館構想の一致によって平成13(2001)年にオープンした。企画原案は世界的なアニメーション監督である宮崎駿氏。建物自体が1本の映画のようでありたいと考えられており、館内は重層的で迷路のような建物になっている。外観は曲線で構成され、外壁は赤や黄などカラフルな土塀の個性的な建物ながら、時間の経過とともに井の頭公園の松林となじんできた。「迷子になろうよ、いっしょに。」のキャッチコピーのとおり、来館者は館内を好きな順番で迷子になりながら見学できるようになっている。展示内容は「映画の生まれる場所」と呼ばれるアニメーションスタジオ風の展示室や、子どもたちが乗れる「ネコバス」まで多岐にわたる。見るだけでなく、体験する展示であることが、子どものみならず大人の来館者の心もつかんでいる。映像展示室「土星座」では美術館のオリジナル短編映画を上映しており、作品は時期により入れ替わる。外国人の入場者も多く、ジブリ人気の高さをうかがわせる。展示室のほかにも、入口天井に描かれた美しいフレスコ画やジブリ作品が描かれたステンドグラス、意外なところに出られる通路など、施設全体に発見がちりばめられている。まさに大人も子どもも迷子になるのが楽しい美術館である。

\口コミ ピックアップ/

ジブリ好きならぜひ行っていただきたいジブリ美術館。 チケットは毎月10日に翌月の分が販売されます。ローチケにて。 転売防止がされてからすぐに埋まってしまうことはなくなりましたが、やはり人気があり、土日に行きたいのであればすぐ手続きすることをお勧めします。 ※入場時にチケットに印刷された名前と免許証等の本人確認書類で本人確認を行うので、本人確認書類をお忘れなきよう。 個人的にオススメなのが、朝一の回に入場することですね。 入場できる時間が10時、12時、14時、16時で、1日に4回と決まっています。 時間になると追加で人が入ってくるので、10時の回が一番人が少なく、ゆっくり見て回れます。 少ないとは言ってもそれなりにはいますが。。。 あとは1度きりですが、土星座というミニシアターで15分ほどのショートムービーが見られます。 作品は月替わりなので毎月見に行きたくなるくらい、素晴らしい作品ばかりです。 とても心が洗われるすてきな場所なので、みなさまぜひ行ってみてください(^^ゞ

(行った時期:2017年3月5日) 三鷹の森ジブリ美術館(三鷹市立アニメーション美術館)

住所/東京都三鷹市下連雀1-1-83

「三鷹の森ジブリ美術館(三鷹市立アニメーション美術館)」の詳細はこちら

国立科学博物館

国立科学博物館出典:じゃらん 観光ガイド 国立科学博物館

日本で唯一の総合科学博物館。館内には「日本館」と「地球館」の2つの常設展示場があり、「日本館」では、フタバスズキリュウの実物化石標本や忠犬ハチ公で有名なハチ公の剥製標本や南極観測犬のジロの剥製標本が展示されています。「地球館」では、世界で最も保存が良いと言われているトリケラトプスの実物化石標本や大型の哺乳類や鳥類のはく製が数多く展示されています。また、体験コーナーもあり大人も子どもも楽しむことができます。さらに、迫力の全球型シアター36○なども備え、独特の浮遊感を味わうことの出来る施設もあります。

\口コミ ピックアップ/

展示数も多く、ボランティアの方がミニ体験や説明などもしてくれるので、大人はもちろんのこと、小さな子どもでもとにかく飽きずに見られます。レストランも品数が豊富で味もおいしいです。売店のお土産もちょっと変わった品々が揃っています。記念写真の撮影は、やはりお約束のシロナガスクジラの前ですね。

(行った時期:2017年7月7日) 国立科学博物館

住所/東京都台東区上野公園7-20

「国立科学博物館」の詳細はこちら

上野動物園

上野動物園出典:じゃらん 観光ガイド 上野動物園

上野恩賜公園内にある東京都立の上野動物園は、1882年(明治15年)日本で初めての動物園としてが誕生し、

1972年に来園したジャイアントパンダの「カンカン」と「ランラン」は、日本中でパンダブームが起こるほどに。

敷地は東園と西園とに分かれており、14haの園内にはアジアゾウやホッキョクグマといった大型の動物から、ニシローランドゴリラやスマトラトラといった希少動物、

サルやウサギ、ペンギンといった子供も楽しめるような幅広い種類の展示に加えて、動物の生息環境を再現した展示や間近に見られる展示など様々な工夫をしています。

1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。