ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたはどっち!? 壁一枚を隔てた「ちょこっと寿司」と「ちょこっとステーキ」【札幌】

f:id:mesitsu_lc:20160710161209j:plain

今日のご飯は何にする?

贅沢してさ、寿司かステーキにしようよ。

どちらにするか決められない……。

そんな経験はありませんか?

そんなあなたに朗報です!

真逆のお料理を一度に味わえるお店を発見しました。

その名も「ちょこっと寿司」と「ちょこっとステーキ」です。

今回は壁一枚を隔てて営業する、変わったお店をご紹介します。

やってきたのは札幌・琴似

f:id:mesitsu_lc:20160627152116j:plain

胃袋のスペアが欲しいと日頃から願っている、

メシ通レポーターの裸電球です。

今回やってきたのは、札幌でも飲食店の激戦区。

琴似が舞台です。

琴似の路面店は、家賃がススキノ並みといわれるほど、

新旧のお店がしのぎを削るエリアなんです。

今回のお店は、地下鉄琴似駅やバスターミナルのすぐ近く。

なんでも壁一枚隔てて、寿司とステーキが味わえるということですから。

これ、ほんの何歩、歩くだけで、最高のハシゴができるじゃありませんか!

スキップや鼻歌を抑えるのに必死です。

f:id:mesitsu_lc:20160710161208j:plain

通りを進むこと5分。

ありましたよ!

「ちょこっと寿司」に「ちょこっとステーキ」です。

噂通り、隣接していますね。

それにしても、寿司とステーキだなんて。

この前に定点カメラをつけて観察したいですよ。

ご夫婦やカップルが「どっちにする」で揉める様子。

見たいな〜。

f:id:mesitsu_lc:20160710161211j:plain

彼氏「俺は、がっつりステーキの気分だね!」

彼女「え〜、わたし、お寿司がいいもん」

こんなやりとり、あるでしょ。

いくつものドラマがここで繰り広げられたはずですよ!

f:id:mesitsu_lc:20160710161210j:plain

それはそれは悩みましたよ。

今年、一番悩みました。

だって、寿司とステーキですよ?

どちらか片方だけだって贅沢なのに。

その2軒が並んでいるんですから。

意を決して「ちょこっとステーキ」に入店。

お邪魔しま〜す。

え?

そうきました?

ふふふ……。

やられましたねぇ……。

f:id:mesitsu_lc:20160627152115j:plain

入口は2つ。

悩んで悩んで入ったら。

中はこのようにつながっているなんて。

壁一枚を隔てて、両極端な雰囲気が広がっているではありませんか!

f:id:mesitsu_lc:20160627152120j:plain

こちらが「ちょこっと寿司」。

どこからどう見ても寿司店です。

一枚板のカウンターが神々しいではありませんか。

f:id:mesitsu_lc:20160710161207j:plain

そしてこちらが「ちょこっとステーキ」。

なんですかこのお店。

最高に楽しいじゃないですか!

気分に合わせて選べる2軒。

いや、珍しい。

しかもここで朗報です。

ランチがめちゃくちゃお得なんですよ。

寿司とステーキ、どっちも食べられるんです。

しかも。

どっちのカウンターでも(笑)

最高すぎるでしょ!

f:id:mesitsu_lc:20160627152128j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。