体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レアな国産クラフトビール樽生を注目の新施設「松蔭PLAT」で味わう

f:id:uralatokyo:20160705105009j:plain

今日はとびきりおいしいビールを飲みに行ってきました。

うかがったのはじわじわと人気が高まる、ビアパブ「good sleep baker」。

このビアパブはちょっと他とは違うビールが飲めるお店なのです。

今春オープンの新施設、駅からすぐの「松蔭PLAT」

f:id:uralatokyo:20160705103410j:plain

まずロケーションですが、この春にオープンしたばかりの「松蔭PLAT」の1階、一番奥に「good sleep baker」はあります。「松蔭PLAT」という名前は、東急世田谷線松陰神社前駅のプラットフォームの延長のようなロケーションからきているそうで、実際駅から数十メートル。ホントにすぐです。

「松蔭PLAT」には雑貨屋さんなどのお店も入っていますので、ビールを飲む前にちょっと他のお店を見てみたりするのもいいですね。

f:id:uralatokyo:20160705103432j:plain

カフェのようなシンプルな店内、ほどよいアウトドア感

f:id:uralatokyo:20160705104830j:plain

まずお店の入り口ではパンやケーキが並んだショーケースがお出迎え。

実はこのお店、店内でパンやケーキを焼いているのです。

だから、いつでも店内はパンの焼けるいいにおいがしていますし、焼きたてのパンを食べながらビールを飲むという、なかなかできない体験ができるのです。

f:id:uralatokyo:20160705104841j:plain

この日はまだ明るいうちにお邪魔したので、散歩中に立ち寄ってパンだけテイクアウトしていく近所の方もいらしたりと、とてもオープンな雰囲気でした。

お店のとなりが公園なので、ちょっとアウトドア感があって心地良いです。

今の季節、外飲みも良いですね〜。

f:id:uralatokyo:20160705104906j:plain

そして、店主の由美さんが明るい笑顔でお出迎え。

ひとりでも入りやすい雰囲気です。

そもそも、ビールと焼きたてパンって、あまりない組み合わせですよね。

どうしてビールとパンだったのでしょう。

由美さんはもともと製菓学校を卒業後、パン屋さんを中心にビアパブやタイ料理屋さんなど飲食業で経験を積んできたのだそうです。

だから、そのパンづくりの腕前はもちろんですが、例えばパンにパクチーとベーコンを組み合わせたり、フェンネルやキェラウェイシードのようなスパイスを効かせたり、いろんなお店で学んだことをいかした彼女ならではのアイデアやこだわりがたくさん。

パンもビールも、自分が本当に好きなものを取り入れて、お客さんに喜んでもらおうとしているところが、このお店の魅力のひとつなのかもしれません。

まずはビールをオーダー!

「good sleep baker」のビールの特徴は、新鮮な国産樽生ビールが飲めること。

クラフトビールが飲めるお店はたくさんありますが、「生」で飲めるお店はなかなかめずらしいですよね。

価格は、PAINT 1,100円〜、HALF PAINT 650円〜です。

タップが3つなのでスタメンが3つ、樽が空いたら次のビールに変わっていきます。

ラインナップは毎日変わりますし、行く時間によっては開栓待ちのものがもう飲めるようになっていたりと、このライブ感はビール好きならワクワクしますよね!

どのビールもサイズはパイントとハーフパイントから選べますので、ハーフでいろんな種類を試してみるのも良さそうです。

ちなみにいわゆるビアパブスタイル、キャッシュオンデリバリーで1杯ずつお金を払います。

f:id:uralatokyo:20160705104946j:plain

詳細なランナップは毎日同じものを提供出来ないこと、特定のブルワー(製造者)さんをご紹介できないとのことで今回はぼかしてしまっていますが、この日は北海道(江別)、栃木(下野)、千葉(佐倉)のビールを提供中。待機樽は千葉(木更津)、長野(山伏)、栃木(下野)のブルワーさんのものでした。どのビールが飲めるかは、お店に行ってみてのお楽しみです!

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。