ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • ウータンクランのRZAが監督・脚本・主演! 映画『アイアン・フィスト』サントラも超豪華だメーン
  • 「グロ過ぎたらホントに申し訳ありません」賛否両論の映画『渇き。』中島監督からの直筆メッセージ
  • 社会病質者VSサイコパス クリストファー・ロイドが殺人鬼を演じる『アイム・ノット・シリアルキラー』[ホラー通信]
  • その場にとどまりたくなる恐怖体験 夜の美術館で味わう美しいお化け屋敷『THE WITCH』[ホラー通信]
  • 女優・のんが『映画秘宝』で新連載を開始! ワンダーウーマンに扮した本誌未公開カットが到着
  • 『ザ・マミー』のソフィア・ブテラ、小説『華氏451度』原作のTV映画でマイケル・B・ジョーダンと共演
  • 『イントゥ・ザ・ウッズ』でシンデレラ&ラプンツェルがキャラ変? アニメ版との比較ビジュアルもチェック
  • 『GAMBA ガンバと仲間たち』ガンバ役に梶裕貴・潮路役に神田沙也加が決定! 「梶さんは7年前から候補でした」 
  • 人生のホラー映画ベスト3 ヨン・サンホ監督(『新感染 ファイナル・エクスプレス』)[ホラー通信]
  • 胸キュンシーン満載!? 映画『薄桜鬼SSL ~sweet school life~THE MOVIE』完成披露イベント開催決定 [オタ女]
  • コリン・トレヴォロウ監督、『スター・ウォーズ』エピソード9はデジタルカメラを使わずフィルム撮影する計画
  • CIAは世界で最も映画化されたモチーフ? スパイ研究家が観る『コードネームU.N.C.L.E』
  • 映画レビュー:ひとつの憎しみが何を生み出し何を破壊するのか? 実在の暴動事件を描く『デトロイト』
  • 総重量160t! 見れば見るほどそのクオリティに唸る“砂のスター・ウォーズ”完成
  • 【独占記事】ルビー・ローズ、映画『ピッチ・パーフェクト』シリーズ最新作に出演交渉中
  • 高良健吾が“太陽”姿でサンバ! 吉田修一原作の青春ストーリー『横道世之介』公開日決定

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブリー・ラーソン、自身主演のコメディ映画『Unicorn Store(原題)』で監督デビュー

Mandatory Credit: Photo by David Fisher/REX/Shutterstock (5669034ep) Brie Larson The Metropolitan Museum of Art's COSTUME INSTITUTE Benefit Celebrating the Opening of Manus x Machina: Fashion in an Age of Technology, Arrivals, The Metropolitan Museum of Art, NYC, New York, America - 02 May 2016

ブリー・ラーソンが、インディペンデントのコメディ映画『Unicorn Store(原題)』で、主演、プロデュースに加えて監督デビューも果たすことが分かった。

プロデュースには、デヴィッド・バーナドとルーベン・フライシャーが自身の製作会社であるザ・ディストリクトを通じて参加するほか、パリス・カシドコスタス・ラトシス、テリー・ダガスらも参加する。ジャン=リュック・デ・ファンティとジョアン・ウッドワードがエグゼクティブ・プロデューサーとなる。

ヘラクレス・フィルム・ファンドが出資し、レア・フィルムズが製作する。

サマンサ・マッキンタイアが脚本を執筆した本作は、実家に戻ってきた女性が主人公だ。彼女はある店から招待を受ける。そこで、成長が本当に意味するものは何か、彼女の考えが試されることになる。

撮影は10月に開始する予定だ。製作はそもそも2012年に発表され、ミゲル・アルテタ監督、レベル・ウィルソン主演で作られるはずだった。

ラーソンは、映画『ショート・ターム』でブレイクし、今年の初めには映画『ルーム』でアカデミー賞主演女優賞を獲得している。今後公開される出演作品には、マーベルの女性ヒーロー映画『Captain Marvel(原題)』、レジェンダリー製作の映画『Kong: Skull Island(原題)』、ライオンズゲート製作による成長物語の映画『The Glass Castle(原題)』、ベン・ウィートリー監督のクライム・スリラー映画『Free Fire(原題)』がある。

ラーソンは、WME、オーセンティック・タレント、リテラリー・マネージメントと代理人契約を結んでいる。

ラトシスとダガスは、ソニー・クラシックス製作でリリー・トムリン主演の映画『愛しのグランマ』と、ナタリー・ポートマン主演の映画『ジェーン』をプロデュースしてきた。

ヘラクレス・フィルム・ファンドは、ダグ・ライマン監督、トム・クルーズ主演の映画『Mena(原題)』、マイカ・モンローの主演作で現在撮影中の映画『Tau(原題)』、そしてロバート・パティンソン主演の映画『Good Time(原題)』に共同出資している。このファンドはヨーロッパの投資家たちをハリウッドに呼び込み、幅広く公開される映画への出資を促す目的で、ラトシスによって設立された。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。