庵野監督からの公開挑戦状!? 漫画家・島本和彦先生『シン・ゴジラ』発声可能上映の夢が叶ってしまう

access_time create folderエンタメ 映画

TOP

8月15日に新宿バルト9で開催されることになった『シン・ゴジラ 発声可能上映』が、庵野秀明監督が漫画家島本和彦先生のためにわざわざ東宝にオファーしたものだったことが明らかになりました。

島本和彦先生とは?

『炎の転校生』(1983)『アオイホノオ』(2007)等の漫画の他、アニメグッズショップ・アニメイトのキャラクター『アニメ店長』『機動武闘伝Gガンダム』(1994)のキャラクターデザインなどで知られる漫画家。

熱血な人格と作風で有名。

島本先生自身の大学生時代をモチーフにした自伝的な漫画『アオイホノオ』は2014年にTVドラマにもなり、当時学友であった庵野監督とのライバル関係(一方的に意識しているようにも見える)も描かれ、話題になりました。

ことの経緯

7月30日の時点で、『シン・ゴジラ』にいたく感動した島本先生は、ツイッターで以下のようにつぶやいていました。


「ウンチク言っていい、語っていい、崩れ落ちていい上映時間」を設けてくれるなら最前列で俺が見本を見せてやりたい

と確かにおっしゃっています。

8月8日、『シン・ゴジラ 発声可能上映』の実施がアナウンスされました(詳細は以下の記事参照)。

『シン・ゴジラ』発声・コスプレ・サイリウムOK上映 8月15日19時@新宿バルト9で開催決定!
https://getnews.jp/archives/1503312 [リンク]

それに伴い、庵野監督の所属するアニメスタジオ・株式会社カラーの公式アカウントが以下のようにつぶやいています。

島本和彦さんの願いを叶えるために、庵野秀明が東宝にお願いし、実現したそうです!

1 2次のページ
access_time create folderエンタメ 映画
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧