体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【タベアルキスト】『長島大陸食べる通信』長島の黒牛~『食べる通信』を食べてみる 6食目!

f:id:tabearukist:20160727074036j:plain

こんにちは! メシ通レポーターのタベアルキスト Sudaです。

「『食べる通信』を食べてみる」シリーズ。こだわりの食材と情報誌が届く、『食べる通信』を取り寄せ、どんな食材なのか実際に食べてみよう! という企画です。

『食べる通信』とは?

一般社団法人日本食べる通信リーグが全国展開している食材付き月刊情報誌。

会費制で、読者になると各地域における農水産物の生産者に焦点を当てた特集記事を掲載した冊子と、彼らが収穫した食物が毎月セットで届けられる。

第5回は『長島大陸食べる通信』 長島の黒牛

今回は『長島大陸食べる通信』をセレクトしてみました。

「そもそも長島ってどこ?」って方も多いかと思います。

「長島」は鹿児島県の北西部に位置する島で、熊本県の天草諸島や水俣市などに隣接しています。海の幸も山の幸も豊かな島で、「長島大陸」と称して地方創生にも力を入れているようです。


今回の食材

f:id:tabearukist:20160727073958j:plain

届いた焼肉用にスライスされたお肉が1パック。部位はロースともも肉の2種類でした。

こだわり食材:宮路ファームの牛肉

「長島」にある「宮路ファーム」は、肉牛の中でも最上級クラスのA5等級のNo.12という牛を何頭も作り出しているファーム。

牛にストレスをかけない飼育と、種付けから肥育まで行う一貫経営により、質の高い肉を作ることにこだわっています。

シンプルに焼肉。

『長島大陸食べる通信』には、「島のしおけ」として、島の特産品である焼酎に合う酒の肴をのレシピを紹介しています。

今回は「黒毛和牛のスジ肉を使った煮込み」と、その煮込み汁を使った「肉じゃが」が紹介されていました。

ところが、送られてきたのは美しいサシの入った焼肉用のスライスでしたので、煮込むのはもったいない! となり、シンプルに焼肉でいただくことにしました。

f:id:tabearukist:20160727074047j:plain

なんと言っても主役はこの牛肉。鮮やかな肉色に美しく広がるサシ。

食べる前から期待値がグングン上がります。

これを七輪で焼いていただきます。

f:id:tabearukist:20160727074105j:plain

材料一式。野菜と肉を少し買い足しました。

ニンニクや生姜は焼肉のタレに使います。

f:id:tabearukist:20160727074053j:plain

野菜は七輪で焼きやすいサイズにカットします。

ピーマンはハウス栽培が多く通年いただける野菜ですが、初夏〜夏が旬の夏野菜です。

f:id:tabearukist:20160727074059j:plain

ナスも美味しい季節ですね。大きく切った方が、みずみずしさを味わえます。

厚みがあるので、表面に切れ込みを入れておきました。

切ったナスは水にさらしてアクを抜いておきます。

f:id:tabearukist:20160727074041j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。