ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【シカゴ・ファイア】史上最強の旨辛コラボラーメン『誠ファイア』を食す!【蒙古タンメン中本】

makoto-fire064_R

先日、筆者の元に試食会のお知らせが入りました。しかも、試食会の前日と言う微妙なタイミングですが、あえて言おう!

「蒙古タンメン中本は全てにおいて優先される!」(YELLOW談)

個人的にも大好きな『蒙古タンメン中本』の先行試食会、しかも白根誠社長(以下、誠社長)も来るのですからコレは最優先事項に値すると思った筆者は、全ての予定を差し置いて『蒙古タンメン中本』渋谷店に訪れた次第です。

「炎の中に、人生がある。」(シカゴ・ファイア談)

program-top-chicagofire

今回は『海外ドラマ専門チャンネルAXN』で独占放送中の『シカゴ・ファイア』とのコラボレーションで御座います。

『シカゴ・ファイア』はその名の通りシカゴの消防士達を描いた熱いドラマで、あのレディー・ガガの元婚約者であるテイラー・キニーを筆頭にジェシー・スペンサーなどのイケメン俳優達が出演している事もあり、アメリカではすでに大人気でスピンオフ作品も出ています。

ラーメン界でも熱い男として知られる『蒙古タンメン中本』の誠社長いわく

「俺って炎とか大好きなんだよね!コラボレーションの話はよくあるけど全部を受けられるわけじゃないから。」

との事で、今回は消防士達の熱いドラマ『シカゴ・ファイア』の熱量に動かされて実現した、奇跡のコラボレーションと言えます。

アメリカのドラマが大好きな筆者も『シカゴ・ファイア』を観てみましたが、しっかりしたヒューマンストーリーが描かれていて、ただのイケメンドラマに収まらない面白さを感じました。

他にも火災現場や事故現場のシーンは実際の消防士や救助隊員による監修が入っていると思われ、実にリアルに描かれています。是非みなさんも観て下さい。

「まだ慌てるような時間じゃない」(筆者談)

makoto-fire042_R

試食会は『蒙古タンメン中本』渋谷店がオープンする前の時間帯を利用するので、モロに通勤ラッシュと重なるのでさりげなく早朝に家を出て渋谷で時間を潰してみます。

まず、今回のコラボレーションラーメンは、あの『北極ラーメン』の2倍相当の辛さと言う事ですので、食べる側も万全の準備が必要になります。

とりあえず電源の確保出来る店で美味しいバーガーを食べながら、チャラい渋谷の朝を見下ろして優越感に浸りながら記事を書きます。

『蒙古タンメン中本』が分かってらっしゃるツウであれば、空腹の状態で『北極ラーメン』の2倍に挑むのは無謀である事は周知の事実ですが、あえて言おう!

「空腹時の激辛料理は胃が受け付けない可能性大である!」

軽く食べて胃を落ち着かせてから挑むのがベストです。

さらに!

ドーナツ屋さんで牛乳的なシェイクを飲んで、胃や腸を防御する作戦も併せて準備します。

makoto-fire043_R

他にも当日の服装ですが筆者が選んだのは速乾性の“赤いTシャツ”です。これはシカゴの消防士に対するリスペクトとラーメンの汁が飛び散った時に備えての事でして、ある意味『蒙古タンメン中本』に訪れる時の正装と言っても過言ではありません。

希に『蒙古タンメン中本』にスーツや白い服を着て行く人がいますが、それらを着て訪れる人は残念ながら分かってらっしゃらない可能性は否めません。

『誠ファイア』を食す!

makoto-fire044_R

今回のコラボラーメンの名称は『シカゴ・ファイア』と誠社長を合わせて『誠ファイア』となっております。

つまり!

このラーメンに対する誠社長の思いは並々ならぬ物があり、あの『蒙古タンメン中本』の『誠スペシャル』と同様、自らの名前を入れるチカラの入れようで御座います。

makoto-fire046_R

今回は試食会という事でハーフサイズなども用意されていたのですが、筆者は当然フルサイズを食べる事にします。

ちなみに筆者の『Twitter』はラーメン系なフォロワー様が多い訳ですが、中でも『蒙古タンメン中本』率の高さは異常であり、恐らくハーフラーメンとか食べて記事化したら大バッシング必須でして、ココは否応なしにフルサイズ一択で御座います。

makoto-fire022_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。