ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画「アメリ」に登場した実在するクレームブリュレを食べに行こう

ameri7

映画「アメリ」は、パリのモンマルトルを舞台としたファンタジー恋愛作品です。実力派女優のオドレイ・トトゥが演じるアメリが、クレームブリュレの表面をスプーンで割って食べるシーンは、世界中の女子にクレームブリュレブームを生みました。

・映画に出たものと同じクレームブリュレ
そんな「アメリ」に登場したクレームブリュレが、実在するスイーツであることをご存知ですか? もちろんクレームブリュレは世界的に知られているスイーツですが、「映画に出たものと同じクレームブリュレ」という意味で、本当に存在するのです。

ameri3 ameri4

・営業時間内ならいつでも食べられる
そのクレームブリュレはモンマルトルの「Café des Deux Moulin」(カフェ デ ドゥ ムーラン)というカフェレストランで食べることができます。

昼間はカフェレストランですが、夜はパブとして人気のお店です。クレームブリュレは営業時間内ならいつでも食べることができます(治安を考えると昼間に行くことをオススメします)。

ameri8

・心地よい振動が伝わる硬さ
「Café des Deux Moulin」のクレームブリュレはやや大きめで平たい器に入っています。手作りの生地を流し込み、じっくりと表面を焼き、ほどよく焦げ目をつけてできあがり。

通常、クレームブリュレの表面は薄くて硬い膜になっていますが、ここのクレームブリュレは膜が厚く、スプーンで叩き割ると「パリパリッ!」と、心地よい振動が伝わってきます。

ameri2 ameri1 ameri7 ameri5 ameri6

・映画ファンならば絶対に行っておきたいお店
その味ですが、バニラと卵のコクがたまりません。甘さはやや強めですが、コーヒーや紅茶と一緒に食べればベター。不思議なことに、甘さが強くても飽きずに食べられてしまいます。おそらく、余計な添加物は入れず、食材そのものの味が生きているため、くどくないからでしょう。とにかく、映画ファンならば絶対に行っておきたいお店ですね。

もっと詳しく読む: 映画「アメリ」に登場した実在するクレームブリュレを食べに行こう(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2016/08/06/le-fabuleux-destin-damelie-poulain/

Photrip フォトリップの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。