ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大人気バルの店主は元漁師! 外観とのギャップ満載なピチピチ本格海鮮【京都】

f:id:mesitsu_la:20160712103852j:plain

「おかん、最近グルメ系の取材ないの」。とある夜、連絡が入った。連絡をくれたのは「yonayona」店主の野村くんだ。

「yonayona」は、京都の繁華街の玄関口、阪急の河原町駅からほど近いところにあるバル。繁華街ながら裏道のなかにあり、少し隠れ家っぽくもある。

決して夜は人通りが多いという訳ではないエリアながら、野村くんのキャラクターやらアテの味やら雰囲気のよさやら、まあ、いろんなものがからまって毎夜ギッチギチに人が入っているのだ。

「街の飲ん兵衛たちから愛される酒場」を地でいく「yonayona」。この魅力は『メシ通』読者のみなさんにもお伝えしておきたい。野村くんには二つ返事で「撮影行きますわ」と返事をしておいた。

乗車率200%超え? 大人気バル

f:id:mesitsu_la:20160712103858j:plain

連絡を受けてから数日後、お店に足を運んだ。看板が見える10歩先くらいから既に賑やかな声が聞こえてくる。

見ればやっぱり、外にまであふれる人の姿。あー、これは今日もギッチギチに入ってる……。

意を決して人の肩口に顔を突っ込み、店内へと侵入した。

f:id:mesitsu_la:20160712103854j:plain

▲狭い店内を埋めるお客さん。カウンターの向こうにいるのもお客さんだ

6席程度のカウンター席はもちろん全て埋まり、席の間に立ち飲みのお客さんがピッタリ余白を埋めている。

f:id:mesitsu_la:20160712103855j:plain

▲カリフォルニアの子どもみたいな風貌の店主野村くん

スタイリッシュビール注ぎスタイルでキメッキメの角度をありがとうございます。

「人ヤバいやん」とのわたしが言えば「撮れ高めっちゃあるやろ?」と強気の返事。はい、めいっぱい撮らせていただくことに。

f:id:mesitsu_la:20160712103852j:plain

残されたわずかなポジションを確保し、ビールを注文する。途端にはじまる乾杯ラッシュ!

常連さんもはじめての人もこの狭さゆえかあっという間に仲良くなる。ああ、このグルーブ感。おわかりいただけるだろうか。

f:id:mesitsu_la:20160712103903j:plain

▲お客さんがおろしたシャンパンをみんなで乾杯する

カウンターの内側に回ってパチリ。そもそもお客さんが増えるとカウンターの内側にも入れちゃうくらいの豪気っぷりもあるが、「yonayona」のカウンターはコンパクト。

ゆえにカウンターの向こうとこちらの距離感がとても近い。このあたりも常に人がやってくる人気の秘訣なのかも。

f:id:mesitsu_la:20160712103901j:plain

▲カウンターに並ぶビール、シャンパン、日本酒その他もろもろ

すっかりいい雰囲気なのだが、盛り上がりすぎて料理を撮るスペースがない。

この日は飲みに徹することにして、後日メシの撮影に再度うかがうという算段で、わたしは早くもカメラのスイッチを切った。

f:id:mesitsu_la:20160712103856j:plain

▲ベロベロに酔っぱらいました

なんてったって魚がおいしい

f:id:mesitsu_la:20160712103905j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。