体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

業界屈指のグルマン放送作家・すずきB氏に、グルメ番組に関する「素朴なギモン」をぶつけてみた

f:id:Meshi2_IB:20160722092104j:plain

動物や子ども同様、テレビで最も視聴者を引きつけると言われるものが“グルメ”。画面に映る誰かが料理を作ったり、お店の料理に舌鼓を打つ姿は、もはや見なれた景色だと言ってもいいくらい。そう、もはや「グルメはテレビのお約束」なのです。

そんな中、数多くの人気グルメ系番組の企画・構成に携わっており「業界屈指のグルメな放送作家」とも呼び声が高い人物がいるのをご存知でしょうか?

それがこちらの「すずきB」さんです!

すずきB

話す人:すずきB

1970年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中、雑誌『HotDogPRESS』(講談社)のライターをするかたわら『さんまのナンでもダービー』で放送作家デビュー。その後『学校へ行こう』など多くのバラエティ番組を担当し、2004 年『魂のワンスプーン』を企画。『業界人がススめる魂のレストラン』の出版を機に『龍虎飯店』『嗚呼! 花の料理人』など、食にまつわる番組を次々と企画。『元祖でぶや』『新どっちの料理のショー』『ウチゴハン』等にも参加。2016年7月現在『秘密のケンミンSHOW』『ぷっすま』『ヒルナンデス』等を担当する他、数多くの料理・食にまつわるプロジェクトや執筆活動も行なっている。オフィシャルウェブサイトはこちら

そんなすずきBさんお気に入りのお店にて、グルメ系番組に関する「素朴なギモン」をぶつけてみました!

美食家もうなる! 恵比寿横丁「浜椿」

待ち合わせに向かった場所は意外にも、ほどよいカジュアルさが若者にもウケている恵比寿横町。にぎわうサラリーマンやOLたちの中にすずきBさんの姿が。

f:id:Meshi2_IB:20160722093802j:plain

訪れたのは、横丁内にある中華料理店「浜椿」。

f:id:Meshi2_Writer:20160716223849j:plain

──恵比寿横丁にもいらっしゃるんですね(驚)。てっきり西麻布や目黒の隠れ家的なお店かと……。

恵比寿横丁ってよく「そこまでグルメな場所ではない」と言われがちなんですが、この「浜椿」ではかつて『料理の鉄人』にも出演していた方が亭主を務めており、本格的な中華の味が楽しめます。実はここの奥の席が穴場でして……。横丁の中でもゆっくり落ち着いて料理を食べることが出来ますよ。

f:id:Meshi2_Writer:20160716224048j:plain

▲「まずはぜひこれを!」ということで、すずきBさんおすすめの「レモンサワー (600円)」を注文。レモンシャーベットが中に入っており、溶けても味が薄くならないのだとか

──放送作家といいますと“バラエティ番組”のイメージがありますが、なぜこれほどまでに“グルメ番組”を?

もともとバラエティ番組を担当していたのですが、20代のある時に、先輩作家のおちまさとさんに「お前が“これだけは”誰にも負けないってものは何だ?」「これからは何か得意ジャンルを作っておいた方が良いぞ!」とアドバイスをいただきまして。そこで、自分の場合は何だろう? と考えた際に「食べ歩きをするの好きだから、グルメに関する知識ならそう簡単に負けない」という結論に至りました。

──そこから、徐々にグルメ番組をやるように?

そうですね。まだブログがなかった時代にホームページで食日記をつけたり、バラエティ番組の会議でも積極的にグルメ系企画を提案するようになりました。そうしているうちに、自分が企画した『魂のワンスプーン』(2004年〜)という番組が始まったこともあり、徐々に「すずきはグルメ番組の作家」というイメージを持たれるようになっていった気がしますね。

──ご自身の担当番組でもかなりの飲食店や料理人をご紹介されていますが、そうしたお店の情報は、どのように入手・調査されているのでしょう。

若手のころに担当した番組『学校へ行こう!』の演出だった合田さんという方が僕の食の師匠でして、当時は色々なお店に連れて行っていただいたり、教えてもらった美味しいお店のリストを作って自らの足で通ったりしていました。もともと自分が好きなことだったので、番組の為に調査するというよりは、楽しく食べ歩きをしていくうちに自ずと色々なお店に詳しくなっていったと言った方が良いかもしれませんね。今では仕事の縁で色々な食通の方とも交流を持たせていただいていることもあり、SNSを開くだけでも「◯◯のお店に行った!」なんて投稿でタイムラインが埋まっていて、ちょっとしたグルメ雑誌代わりに使っていますよ(笑)。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。