体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【絶対喜ばれる!青森県の人気お土産29選】地元民ランキング&編集部おすすめを集めました

【絶対喜ばれる!青森県の人気お土産29選】地元民ランキング&編集部おすすめを集めました 【1位】りんごジュース(ねぶたシリーズ)

お土産選びは旅の大きな楽しみのひとつ。自分が気に入ったものを買えばいいけど、やっぱりハズしたくない…、そんな旅人のために『じゃらん編集部』では、地元民がオススメする「ご当地の美味しいお土産」を大調査。

今回紹介するのは、本州最北端、豊かな自然に恵まれ、四季折々の美しい景観や点在する温泉が魅力の青森県。三方を海に囲まれ海の幸も豊富です。特産品であるりんごや魚介類にちなんだもの、山海の幸を活かした郷土料理などバラエティ豊かなランキングを、さっそくチェック!

その他にも、定番から人気商品まで揃えたイチオシお土産情報もお届け!

記事配信:じゃらんニュース

■目次

地元民の声を集めた「お土産ランキング」はこちら

定番から人気商品まで揃えたイチオシお土産情報はこちら

~地元民の声を集めた「お土産ランキング」~

【1位】りんごジュース(ねぶたシリーズ)

【1位】りんごジュース(ねぶたシリーズ)金のねぶた[酸味スッキリ] 金のねぶた[酸味スッキリ]195g124円ねぶた(混濁)

ねぶた(混濁)1L瓶486円

青森の果樹園で採れたりんごを使った100%りんごジュース。パッケージに青森の夏の風物詩・ねぶた祭りをあしらったシリーズが、「りんごの味が濃くて他で飲めない味」「ねぶた柄がお土産に良い」と、ご当地らしさが受けて1位となった。酸味すっきりな「金のねぶた」、完熟まろやかな「銀のねぶた」などがあり、りんごそのものの美味しさを味わえる。 価格:124円(1本195g)ほか

販売元:シャイニーアップルジュース

【2位】スタミナ源たれ

【2位】スタミナ源たれ

青森県産大豆・小麦を100%使用の醤油をベースに、青森県産にんにく、りんご、国産の玉ねぎ、生姜などの生野菜を使った焼肉のたれ。甘さと辛さのバランスがとれた味わいで、焼肉はもちろん、野菜炒め、唐揚げの下味など様々な料理に使える万能調味料だ。「一家に一本当たり前!」「他県の人にも自信を持って勧められる」と青森の食卓には欠かせない一品。土産物店のほかスーパーでも手に入る。 価格:486円(410g)

販売元:上北農産加工農業協同組合

【3位】金印つがる漬

【3位】金印つがる漬

大振りの数の子と天然昆布、肉厚なスルメを特製だし醤油で仕込んだ、豪快で食べ応えのある海の幸。数の子はひとつひとつ手作業で丁寧に薄皮をむいている。「ご飯のおかず、酒の肴に最適」「ご飯に最高」など、白米とお酒のお供に推す声が多数届いた。小分けパックのものはお土産に配るのにも便利。 価格:1800円(300g)

販売元:鎌田屋商店

【4位】いちご煮

【4位】いちご煮

盛り付け例

【4位】いちご煮

ウニとアワビをスープで煮つけた八戸の郷土料理お椀に盛り付けたとき、乳白色の汁に沈むウニが、まるで「朝もやの中に霞む野いちご」のように見えることから名づけられたと言われている。濃厚な海の香りと旨みを楽しめ、人が集まるときや、お祝い事に欠かせない地域の料理として親しまれている。「炊き込みご飯や雑炊に使うと美味しい」という、地元民ならではの声も見られた。 価格:元祖いちご煮1,468円(415g)

販売元:味の加久の屋

【5位】気になるリンゴ

【5位】気になるリンゴ

青森産「ふじ」をシロップに漬け、まるごとパイで包んで焼き上げたアップルパイ。りんごを煮るのではなくシロップに漬けているだけなので、生のようなしゃきしゃき感が爽やかだ。青森らしいリンゴのお菓子だが「(リンゴが)丸ごと入ってインパクト大」「話のタネになる」とお土産としての楽しさも支持されてのランクイン。 価格:700円(1個)

1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。